学研、ランク順英単語ドリル、公立受験にちょうど良い。

高校受験英語学習で、一番立ち後れるのが英単語熟語だ。

概して言うと、中学生というのは、英単語というのを覚える気がない。覚えるという努力をあまりしない。というのも、それで事足りるからだ。

できる子どもは覚えるが、しかし何百モノ単語を覚えようとする人は少ない。

おそらく小学生の頃は、たいていのことはすぐに覚えられたのだろう。覚えるという努力をあまりせずに、覚えてしまったのだろう。そして覚えなくても、何の問題もなかったのだろう。

小学生というのは、興味のあることは山ほど覚えるが、そうでないことは覚えない。

たまに世界中の国旗と国名と首都名などを覚えている子どもがいたりするが、それ以外も記憶が良いかというと、そうでもないらしい。(これも一種の学習障害だと言われている)

しかも、中学生の英語のテストというと、殆どが学習した内容の復習だから、最近やった頃だけ覚えておけばよい。

これでは英単語をしっかり覚えようと言うインセンティブはない。だって別に覚えなくてもいいんだもんね。


学研、ランク順英単語ドリル のフレーズをかけるようにしよう!

だから中学生の大半は、英単語をなかなか覚えてくれなくて、教える方はもう大変だ。

文法事項も重要だけど、単語がわからなければ、かなり面倒。

そういうわけで、とりあえずこの問題集に載っている単語は全部覚えてもらいたい。

オススメの使い方は、載っているフレーズと例文を書き出して、それを読み書きできるように練習してもらいたい。

大学受験英語のサイトで少し書いたが、英語というのは、日本語と相当違うことばだから、単語じゃなくてフレーズや英文で覚えてもらいたい。


中学英単語ドリル―出た問分析 (高校入試ランク順 (1))