国語はまず、漢字を漢字検定で学べ!

国語は先ず、漢字が読めないといけない。
言葉というのは実は、音で理解するモノらしいのだ。

これは識字障害(しきじしょうがい)という、学習障害の研究でわかったことなのだが、人間の脳というのは、文字を読み書きする機能を元々持っていない。

モノを見る力、カタチを認識する力、音を聞く力、言葉を認識する力というのはあるのだが、文字を認識する力というのは、元々ない。

人間が他の動物とは異なる存在として持つ機能は、「言葉を認識する」ということであって、文字を認識するのは、文字を頭の中で音に変換して理解しているだけだ。

だから、文字をみて文字だとわかって、そしてそれを音に変換できて初めて、理解できるわけだ。

だから文字を先ず読めなければ、何が書いてあるのかわからない。

で、国語の場合は、その力を漢字検定で養うのが一番いい。

受験用に出るところだけ勉強したいところだが、なかなかそう言うわけに行かないと言うところが、漢字の難しいところだ。

高校受験用の漢字・熟語の問題集というのは出ているが、漢字検定の方が熟語が充実している。

高校受験のレベルだと、3級準2級くらいがちょうど良いだろう

漢字検定は中3でも2級に受かる子どもがいるので、それほど難しいわけではないが、2級は結構難しいので、勉強だけで十分だ。

漢字が読んでかけるようになると、国語にはかなりの力になる。
数学が苦手な人は、国語で何とか点数を取ってもらいたい。


漢字検定の本


財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト 250万人の漢検 新とことん漢字脳47000+常用漢字辞典 四字熟語辞典