高校受験、数学の問題集

でよく使う数学問題集にも、教科書準拠教材と、非準拠の実力問題集とがある。

教科書準拠の問題集としては

  • 中学必修テキスト(文理)

  • アイワーク(育伸社)

  • Keyワーク(教育開発)

  • 中学新ワーク(好学出版)

  • ニューベーシック

  • (栄光)ワーク


などがある。


難易度的に言うと、好学出版の新ワークと、文理のニューベーシック、栄光ワークが易しいレベルで、教育開発のKeyワークは多少、発展問題が難しいな、というくらいだ。

育伸社のアイワークは、まとめテストなどが別冊で付いていてありがたいが、数学に関してはもう一つ特徴がないように思う。

で、一番使いやすいのは、文理の中学必修テキストだ。

これは要点がうまくまとまっているし、問題の難易度も普通の生徒にはちょうどイイ感じ。

教科書に準拠していない「中学錬成テキスト」とデザインが似ていて、以降するのも楽。


一方、教科書非準拠の問題集としてよく見るのは、

だ。

他にも育伸社のシリウス21というのがあるが、数学に関してはやはりちょっと弱い感じがする。


難関・上位高校を狙うなら

で、難関・上位の高校を狙う中学生にお勧めするのは、『レベル別・パターン別・実力完成問題集』だ。

これは、他の問題集には殆ど載っていない、数列の問題もたくさん載っている。
中3の巻でも、中1・中2の範囲の入試問題が山ほど載せてあって、かなり骨太の問題集だ。

難度的には、やや難~難という感じで、決して易しい問題集ではない。

というのも、要点・例題・ベーシック・アドバンス・スペシャル、というように、4段階に分かれていて、かなり難しい問題まで載せているからだ。

スペシャルともなると、東大合格者数ランキングの常連校や、早稲田や慶應などの難関高校の問題がずらり。

正負の数など中1で習う単元でも、かなりややこしい計算問題が載っているから、数学が相当できる子どもでも、かなりの歯ごたえがあるだろう。

他の問題集なら、文理の『中学実力錬成テキスト』か、好学出版の『ウイニングPLUS中学問題集』(ウイニングの発展編)あたりになる。

教育開発出版の『新中学問題集・発展編』も悪くはないが、これはちょっと古い気がする。

難関高校の場合は、図形の問題が多い上に、それを避けては通れないので、これらの問題集に正面から取り組む必要があるだろう。