英検3級を持っていても、ぜんぜん当てにならない。

英検というのがある。実用英語能力検定というやつだ。

これは、昨今、世間を騒がせている漢字検定とならんで、
非常に人気の高い検定試験だ。

だけどハッキリ言わせてもらうが、
学力に関しては、漢字検定の方がはるかに上だ。

理由は簡単で、どう見ても英語の学力のない生徒が、
なぜか英検の級を持っていたりするからだ。

たとえば中学2年で英検3級を取る生徒は、
めずらしくない。

帰国子女の場合は、2級以上も、珍しくないが、
帰国子女でない場合、ビックリするくらい英語力がない。

なぜこの人は受かったんだろう?と思うことが、
かなりの頻度である。

漢字検定数学検定というのは、
年中かなりの頻度(10回以上)で行われているが、
学力(実力)と検定結果には相関関係がある。

学力と検定結果に大きなギャップを感じるのは、
この三つの検定のウチ、英検だけだ。


うちの子は、英検3級を持っています。んじゃ、ダメだね。

「うちの子は、英検3級を持っていますので...」

そういう親御さんは、危ない。

自分の子供が、英語ができると勘違いしている。

でも、英検っていったって、
全部記号を選んでいるだけですやん。

英文を一から書いたりしているワケじゃなくて、
単語を適当に選んでいるだけ。

2次の面接だって、練習すれば、
たいていはできるレベルの会話。

英文を作る作業があるのは、2次の面接時のみ。

もちろん、問題に出てくる単語自体は、
中学3年生レベルでは少し難しい単語が多い。

熟語なども、私の知らない熟語も結構ある。

でも、記号を選ぶだけだから、
4分の1は当たる

なので、英検3級合格者と言っても、
英語の学力は、全然当てにならない。

準2級でも、なぜ受かったんだろう?
という生徒はたくさんいる。

準2級に受かっていても、
比較的シンプルな英文が
スラスラ書けないのだから、ビックリする。


英検より、漢字検定や数学検定を!

漢字検定数学検定は、
記号で答える問題は、本当に少ない。

漢字検定では、読みと書き、
両方とも書かないといけないし、
数検では、作図などもある。

漢検では、(あたりまえだが)
漢字をきちんと書けないと合格できないし、
数検では、計算ができないと合格できない。

だから合格するには、かなりの練習が必要になる。

だけど英検は、単語を書くこともほとんど無いし、
記号を選ぶだけで合格できてしまう。

実施に際しては、漢字検定や数学検定より、
厳しい態度を取っている英検協会だけれど、
こういう形の試験が続く限り、ハッキリ言って、
学力的には意味のない検定だ。

漢字検定や数学検定に力を入れた方が良い。