「全科目ダメ」の子供の成績を上げるには(5)必ず伸び悩む。

「全科目ダメ」の子供の成績を上げるには、の5回目。

全科目ダメという子供の場合、基礎学力がとにかく不足しているから、
計算や用語の暗記でそこそこの点数が取れるようになっても、
そこから先はなかなか点数が上がらない

これはもう、小さな土台の上には、小さな家しか建たないということで、
お城のような大きな家を建てたければ、土台を大きくするしかない。

ところがこの作業は、とんでもなく時間がかかる作業になる。

勉強が出来ないので塾に来て、塾で基礎的な学力トレーニングを積んで、
それで最初はドンと成績が上がったが、
そのあと平均点の下くらいで低迷する

でもこれって、当然の事なんやね。

だって普通の子供と違って、勉強してきた時間数が圧倒的に少ないから。


勉強は量。量の差は、侮れない

平均点というのは、出来る人から出来ない人まで合わせて計算した点数だ。

平均点より上の点数を取る子供というのは、
平均的な子供くらいは勉強しているのが普通だ。

だから全科目ダメの子供よりは、はるかに勉強してきた時間数は多い。

出来る子供は、小学生の頃から毎日2時間くらいは勉強して
大きな土台を作っているのだから、
それを中学生になってから作るとなると、大変なのは当たり前だ。

たとえば1日1時間の勉強時間の差があったとする。

そうなると、1日1時間×5日×50週としても、1年で250時間。

これが2年間だと、500時間。

この500時間分を追いつくには、1日5時間やっても100日だから
最低4ヶ月は必要になる。

ところが、全科目ダメの子供の場合、1日に5時間も勉強出来ないから、
基礎練習に特化しても、1年ちかくはかかると思った方がいい。

その間は、もうずっと「伸び悩み」と言う事になるわけだが、
結局平均点より上に行く事は難しい。

平均点よりちょっと下くらいの点が取れれば、
それで御の字としないといけない。