「全科目ダメ」の子供の成績を上げるには(6)興味のある科目で上げる

全科目ダメの子供の勉強法の6回目。

全科目がダメという子供の場合、
基本的に読み書きそろばんが出来ていないので、
そこだけは何とか我慢させてやらせる必要がある。

具体的には、熟語や漢字・言葉の読み書きと、計算練習だ。

計算というのは、手順を覚えてその通りやるだけだから、
言葉の読み書きよりも結果が出やすい。

点数が上がりやすい科目というのは、
用語を覚えればいいだけの科目と、
覚える事が少なくて良い科目。

覚える事が少ない科目から点数を上げるというのは、
エリア戦略として有効なんだけれど、問題はその先になる。

つまり国語力や計算力がないと、
英語や社会や理科といった科目では、
成績が上げられない。

地力がないと、応用が利かない。
経験がないと、応用が利かない。

となると、突破口はどこにあるか?


関心を持っている科目に力を入れる

何度か書いているが、5科目ダメの子供の成績を上げるには、
5科目全部上げようとすると絶対に上がらない。

五科目全部ダメということは、基本的に地力がないわけだから、
地力が付くまでは成績なんて上がらない。

そしてそう言う子供は我慢が出来ないので、
ちょっとした事でへそを曲げてしまう。

『勉強の技術』にも書いてあるが、分からない事が多すぎると、
頭がぼーっとしたり、ムシャクシャしたりして、切れやすくなる。

分からない事が少ないと、それを理解しようと言う気分になるが、
分からない事が多すぎると、何から手をつけていいか分からない。

部屋がちょっと散らかっていると片づけようとするが、
無茶苦茶散らかっていると、片づける気も起こらないし、
片づけ始めても、挫折する、、、そう言う感じだ。

だから、こういう子供の場合、本人が知りたいことから教える必要がある。
知りたい事や、普段、疑問に思っている事から勉強する必要がある。

本人が知りたいと思っている事なら、
別に苦労して教える必要はない。簡単に覚える。

しかし、本人が知りたいと思っていないなら、
無理矢理詰め込むわけだから、入らないのは当然だ。

子供というのは、勉強がまるで出来なくても
子供向けの学習雑誌や、学習マンガなどは一生懸命読んでいるもので、
知りたい気持ちというのは、みんな持っている。

だから全科目ダメの子供の場合、
基礎学力トレーニングを我慢してやらせつつ、
興味のある科目の成績を上げる、、という方針で臨むといい。

というか、それ以外には上がらないと思う。