試してガッテンでやっていた記憶術、超簡単な方法!

超簡単な暗記術。こうすれば忘れない?

先日のNHKの「試してガッテン」で、
物忘れ防止のコツというのを放送していました。


15コの用事をリストにして、
それを全部やってもらうという実験で検証していました。


実験内容は、


  • ベッドの上の本を本棚にしまう。

  • 衣装ダンスからYシャツを出す。

  • カーテンを閉じる。

  • 灰皿をひっくり返す


などと言った簡単な作業で、
●●を××するという用事が15こあるんですね。

それを決められた時間内に
いくつ出来るかという実験です。


若い人チームは平均8コくらいの用事をこなせるのに、
高年齢チームは、6コくらいしかこなせません

そこで試してガッテンでは、
高年齢チームにある秘策を授けたところ、
なんと作業内容を変えたのに、9コ以上覚えていました。

中には15コ全部出来た人も出てきました。

はたして高年齢チームに授けた秘策とは?


物覚えが悪いのではない、取り出せないのだ。

年を取るに連れて、物覚えや物忘れがひどくなるもの。

ところが実は、正解を見せると

「ああ、そうそう!」

ということになるんですね。

これはモノを覚えていないのではなくて、
思い出せないって事。

別の実験では、文章の赤い文字だけ覚る実験で、
不思議なことが起こりました。

覚えるべきなのは赤いところだけなのに、
その前後まで覚えているんです。

ところがその前後の言葉は思い出せるのに、
覚えないといけない部分はうまく思い出せない。

これも正解を見せると、

「ああ、それそれ」

ということになりました。

要するに、脳にはちゃんと情報が入っているのに、
必要な部分をうまく取り出せないって事だったんですね。

覚えるべき事は、イメージしながら覚える


番組スタッフが、高年齢チームに授けた秘策とは、
じつはたった一言

「イメージして下さい」

ということでした。

15コの覚える用事を、
自分がやっているイメージをしながら覚える。

いわば、予行演習を頭の中でやってみるようなもの。
シミュレーションですね。

一回頭の中でやったことをもう一度再現するだけですから、
しっかり覚えていたわけですね。

これは私の英語教材の中にも書いておきましたが、
英文を覚えるときにも、
その状況をイメージすることが大事なんですね。

合格英熟語300の始めに、

I didn't recognized him at first.

という例文がありますが、
これをただ唱えているだけでは頭に入りません。


状況を自分でイメージしながら唱えてみる。

たとえば同窓会で、見知らぬ男性がいる。
最初は誰だか分からなかったけど、実は●●君だった。

I didn't recognized him at first.

そうやって文章を腑に落とすと、忘れにくくなるわけです。

recognize 「認識する」
at first 「最初は」

とバラバラに覚えるより、定着率は全然変わってきます。


英語の勉強は、とにかく英文をそうやってイメージに関連づけて
覚える癖をつける事です。