「説明できる力」を養え!勉強のコツ

勉強のコツ

セールスレターを書くときに、よく言われることが

「商品の説明は、知らない人に説明するつもりで説明する」

というのがある。

売り手は自分が売ろうとしている商品の情報を知っている。
だけど見込み客には、その商品がどのようなものなのか、
あまり知識がない。

これを「情報の非対称」と呼ぶのだけれど、
知らない人に商品の説明をする場合、専門用語は使えない。

業者間取り引きのような、お互い同じ業界にいる人同士の場合は、
業界内で通用する専門用語は使って良いが、
自分の会社でしか通用しない専門用語は使えない。

なので、一般の普通のユーザーに対しては、
専門用語などをほとんど使わずに説明しないと、
説明にならないというわけだ。


だからセールスレターの指南書によっては、「知らない人」ではなく、

「おばあさんに説明するつもりで説明する」

とか

「小学生に説明するつもりで説明する」

なんて書いてあるモノも多い。

他人に説明出来るのが、理解しているかどうかの目安

物事を理解しているかどうかというのは、
そうして他人に説明出来るかどうかでわかる。

塾や家で問題を解かしてちゃんと解けるのに、
定期テストや模試で成績が悪い子供の場合、
説明するレベルまでは理解していない事が多い。

「おかしいな、もっと出来るはずなのに、、、」
と思って、説明してもらうと全然出来なかったりする。

普段、「ふんふん」といって聞いているので、
分かっているのかと思っていたら、そうでもない。

成績が4とか5とかの子供でも、そんな状態だ。

特に理科や社会というのは、ストーリーというか流れがあるので、
そのストーリーや、流れをちゃんとつかんでいるかが、
結局点数を分けることになる。

入試本番まであと数ヶ月あるので、
うろ覚えの単元は、他人に説明出来るかどうか試してみよう。