英語の総復習(1)単語の読み方を覚えよう

高校入試まで3ヶ月を切ったので、
英語の総復習について書いていくことにする。

中学生英語学習のネックになるのは、
まず発音とスペリング(つづり)。

英語というのは、日本語のような仮名がない。

仮名というのは「表音文字」で、
文字と発音がほぼ1対1になっている。

文字には大きく分けて二種類あって、
文字が音を表す「表音文字」と、
文字が意味を表す「表意文字」にわかれる。

漢字は意味を表す文字なので、
「表意文字」ということだ。

日本語の場合は、表音文字の仮名と
表意文字の漢字をうまく組み合わせることで
文字体系ができている。

ちなみに韓国のハングルは「表音文字」で、
文字と音が1対1に対応している。


英語はまず、読み方でつまづく

ところが英語は一見「表音文字」のように見えるが、
文字一字が一つの音に対応しているわけではない。

aiueoという母音ですら、強音と弱音の二種類の読み方がある。

たとえば「A」は、強音では「エイ」と読み、弱音では「ア」となる。
「I」は、強音では「アイ」と読み、弱音では「イ」となる。

子音も、2コ以上の文字が集まると、発音が変わる。

「p」なら「パピプペポ」、「ph」なら「f」と同じ、
「psy」なら「サイ」という風に、全然変わってしまう。

これは英語というのが、外来言語をドンドン取り入れてできた結果だ。

英語というのは、ドイツ語と同じゲルマン語系の言葉だが、
異民族に支配されたり、ローマやフランスなどから
言葉がたくさん入ったりした結果、こうなった。

なので、文字と発音がキレイに1対1になっていないので、
読みにくいわけだ。

もちろん、つづりと発音には対応関係があるので、
それさえ覚えればいいわけだが。

見たこともない単語を見たとき、発音出来なければ、
フォニックス教材で一度、
対応関係を確かめてみた方がよいね。