英語の総復習(3)SVC,SVOの核文を覚える

高校入試のための英語総復習

最初は、単語の読み方を覚える。
次は、不規則動詞の活用を、少なくとも25コは覚える。

これができたら、次は基本文を覚える。

基本文といっても、主語と述語+アルファだけの、
核文(かくぶん)というやつだ。

核文については、理系のための英語学習法のほうに書いたが、
英語には基本になる核文が7文あるという。

英語というのは、基本の七つの文に、いろんな修飾辞をつけて、
いろんなコトが表現出来るようになっているわけだ。

で、最初に覚えないといけないのが、


  • SVC文

  • SVO文

の二つになる。

語弊を恐れずに言えば、英語というのは
この2つの文型に集約される。

だからこの二つの文が分からないと、
英文を読むのは大変になる。


英語は2文型で理解しろ

SVC文というのは、例を挙げると、

  1. I am a student.
  2. You are in New York.
  3. He is happy.
  4. She looks sad.
といった文章のことを言う。

主語+述語+アルファ

という組み合わせでできているのがSVC文だけれど、
動詞はBE動詞グループ(be動詞、become,look,taste,smellなど)の文だ。

五文型では、二番目のYou are in New York.というのは、
SVで「第一文型」というのになる.

しかし2文型法では、述語動詞によって文型を分けるので、
SVはSVC文とSVO文の両方に含まれる。

SVC文の特徴としては、「主語(S)を説明する文章」だということだ。

「私は学生だ」
「あなたはニューヨークにいる」
「彼は幸せだ」
「彼女は悲しそうに見える」
これらは全て、主語の様子や状態を表している。

述語動詞には、「状態動詞」と「動作動詞」の2種類があるので、
この二つをしっかり分けて考えるというのは、
合理的だってコトだね。


★2文型法といえば、かんべやすひろさん。