英語の総復習(4)SVO文は、動作を表す動詞の文

高校入試のための英語学習法

核文(基本文)の学習の続き。

英文は述語動詞に着目すると、
動作を表す動詞」と「状態を表す動詞」
の二つに分かれる。

なので、「動作を表す動詞を使った文章をSVO文」、
状態を表す動詞を使った文章をSVC文」、
とそれぞれ呼ぶことにする。

SVC文に関しては、前回書いたが、be動詞グループの文だ。
例として次の4文をあげた。

1. I am a student.
2. You are in New York.
3. He is happy.
4. She looks sad.

2番目の文章は、学校で習う5文型では第一文型(SV)ということになるが、
5文型法では動作動詞のSVも、状態動詞のSVもひとまとめにしている。

しかし動詞のタイプで分ける2文型法では
SVCと、SVOの両方にSVがあることになる。

この辺が、5文型と2文型では大きく違うところだね。

SVO文、動作動詞の文章

さて、動作を表す動詞が作る文章のことをSVO文と呼ぶことにする。

例を挙げると、

  1. I go to school.

  2. You should study English.

  3. He gave her a birthday present.

  4. She saw him running.
などになる。

この例は、五文型法で分類すると、
一番目は、第一文型(SV)
二番目は、第三文型(SVO)
三番目は、第四文型(SVOO)
四番目は、第五文型(SVOC)
というふうになる。

ところが実は、この文型の分類は、
動詞の意味が分かれば、
なくても意味が取れる場合がほとんどだ。

たとえば一番目は、「行く」ということだから、
「どこに?」「どのように?」「誰と?」という言葉が
必要かな?と予想が付く。

この場合、「何を」を表す目的語・対象語(O)は、必要ない。

二番目のstudyは、「研究する」という意味だから、
「何を」という言葉が必要になってくる。

三番目のgiveは、「与える、あげる」という意味だから、
「何を」「誰に」という二つの言葉が必要になる。

最後のseeの場合は、「見る・見た」という意味だから、
「何を」という言葉が必要で、その中身が文章になっている場合だ。

この場合は、「彼が走っている」のを見たということで、
実はSVOCではなく、SV(S'C)と捉えれば、
ただのSVO文ということだ。