勉強の都市伝説(7)推薦入試は、子供をダメにする

神奈川県では、
前期の推薦入試の結果が発表された。

前期の推薦入試というのは、
内申点と面接点で合否が決まるという、
結構微妙な制度だ。

内申点は足りていても、面接ではねられたり、
内申点は足りなくても、面接で挽回して合格したり。

「え、こいつが合格?」
「え、何でこの子が不合格?」
と言う感じで、色々考えるのが
毎年の恒例行事のようになっている。

でもしかし、毎年結果を見ていると、
やっぱり積極的に勉強しているヤツが合格している。

「まだ足りない、まだやることがある」
と、どんどん勉強しているヤツが、面接で受かっている。

そういう雰囲気というのは、
顔つきや態度に出てしまうので、
面接官にはすぐばれてしまう。

なんだかんだいって、
すぐ音を上げてしまうようなヤツは通らない。

自分から積極的に勉強に向かわないヤツは通らない。

面接官だって、これまで何千人も子供を見ているわけだから、
そんなヤツは、すぐ分かる。


面接で受かるヤツ、落ちるヤツ

進学でも就職でも、面接で受かる人というのは、
意外と普通の人だという。

就職の場合は、「一緒に長く働ける人」というのが合否の分かれ目で、
特技があったり、才能にあふれている必要はあまりない。

東大卒の多い企業なら、東大卒とか難関大学卒は有利だろう。
が、そういう企業でなければ、東大卒であっても断られる。

理由は簡単で、「こいつとは一緒に働けない」と、
面接官にピーンとくるかららしい。

京大に通っていた頃、
京大生は結構アルバイトで断られるという話があった。

理由は「理屈っぽくて、独善的」とかいう話だったが、
そういうヤツは確かに結構たくさんいた。
(とくに数学系のやつら)

もちろん、市場で働いていたり、
旅館で布団の上げ下ろしをやっていたり
料亭で皿洗いをやっていたり、
漬け物屋で千枚漬けを作っていたり、
修学旅行のバスの荷物の積み込みをやっていたり、
そういうヤツもたくさんいたから、
京大生がみな理屈っぽいし、
働かないかというとそうでもないんだが。

だから面接入試で合格するヤツというのは、
「親和性」のあるヤツって事なのかも知れない。

その点、推薦入試でちょっとかわいそうなのが、
ドライな子供だ。

インテリ風で、表情があまり豊かでない子供。

3年生になってから勉強はしっかりやっているのに、
2年次の内申点・評点が良くないばかりに
コレはちょっとかわいそうだね。