答案に何にも書けない子供の学習法

できない子供の特徴は、自分で勉強する力がない。
その大本は、文章をしっかり読む力がないって事だ。

本や参考書を読んでも、何が書いてあるのか理解できないと、
結局、適当に答えを書いてごまかす悪い癖も付くし、
あるいは、答えが何にもかけないと言うことが起こる。

いままで、学習障害気味の生徒を十人前後見てきたが、
答案に答えがかけない子供というのは、意外に多い。

なぜ何にも書かないのか?と尋ねても、本人にもわからない。
とにかく何にもかけない状態になるようだ。

中学の定期テストなんかだと、
あらかじめどの当たりが出題されるか、
塾の講師にはだいたい分かっているので、
2ヶ月前や3ヶ月前から準備して、
効率よく点数が取れるように学習計画を立てるのだが、

そうやって2ヶ月前・3ヶ月前から準備していても、
試験の直前に最終チェックをしてみると、
なぜか2ヶ月前くらいまで能力が戻っていたりする。

塾の講師からしてみたら、これだけ準備してやってきたのに
なんで全く知識がかけらも残っていないんだろう?
と脱力感に襲われてしまうが、残念ながらそれが実態だ。

基本を徹底的に繰り返すしかない

もちろん、単元によって、全く理解できない、苦手、というのは
普通の生徒にも起こることだ。

たとえば因数分解なんかはできるが、平方根は全然ダメとか、
因数分解と平方根の計算はできるが、
なぜか2次方程式が入ってくると混乱してしまうとか。

関数など、何度説明して何回やらせても、
イメージができないとどうしてもできないような単元もある。

こういう子供の場合も含めて、週2回以上、
徹底的にアイオー(I/O:インプット・アウトプット)をやるしかない。

一問一答問題や、一行問題のようなモノをとにかく繰り返す。
また漢字の書き取りも、小学生の高学年当たりのモノからやり直す。

条件反射をドンドン作って徹底的に繰り返すしかない。

そうやって高校に入った頃には、
自分でチャート式などで勉強できるようになった生徒もいるから、
とにかくまず読み書きと計算だけでも、
徹底的に繰り返して勉強させることをやるべきだろうね。