英語が苦手な子供はローマ字の読み書きから

学習障害の気がある子供の場合、
とにかくやることを復唱させて
やることを確認させることが重要なようだ。

文字の読み書きが遅い、問題を読むのに時間がかかる。
こういう場合、そう簡単に出来るように成りはしない。

特に小学生のあいだはもう無理っぽい。

学習障害(難読症・ディスレクシア)は
小学校4年生くらいから発見されると言うが、
脳の発達のスピードが子供によって全然違うので、
脳の発達が遅めの子供に読み書きの練習をさせても、
まず無理。

ローマ字なんかは4年生で習うんだけれど、
難読症の場合は中一になると全く記憶に残っていなくて、
英語なんかはローマ字自体がまず読めない。

これでは英語の勉強にならないから、とにかく毎週1時間以上、
徹底的にローマ字を読むというトレーニングをやる。

ローマ字表などは、英語の教科書やワークブックに
たまに載っていたりするので、
それをそのままコピーして使えばいいのだが、
最初は1時間では足りなくて、2時間弱くらいは必要だろう。

たかだかローマ字の読み書きに、
なんでそんなに時間がかかるのか。

出来る人にとっては不思議だろうが、
難読症というのはそう言う状態なのだ。

で、これを毎週やって
どのくらいで出来るようになるかというと、
6週間くらいは絶対必要になるようだ。

ローマ字表を作って、それを読んで書かせる。
縦横斜めに、自由自在に読めるようになるまでは、
私の経験上では、6週間くらいはかかる。

これってよく考えてみたら、
私が合格英熟語300の英文を丸覚えしていた時と同じだ。
だいたい100文を覚えるのに1ヶ月半くらいはかかったように思う。

6週間というのはたぶん、
学習を定着させるのに必要な時間なんだろうね。

脳機能学者の苫米地さんなんかの本を読むと、
言葉というのは文法なんか知らなくても、
聞いたり発音しているうちに
脳が勝手に文法を理解していくモノなんだそうだから、

そうやってとにかく文字と発音を1対1で関連づける作業をしていけば、
だんだん類推・アナロジーが可能になっていくって事だろうね。