9月からの勉強法、まずは内申点確保

高校受験まで、あと約25週間、

今何をやればいいかというと、もちろん状況による。

難関高校を目指している人なら、
すでに中3で学習している内容は、
ほぼ学習し終わっているかも知れないし、
そうでない人の場合は、まだこれから中三の残りの学習内容を学ぶ段階だ。

しかしながら内申書というシステムがあって、
高校進学の際には内申点というものが入試の一部になっている。

この状況では、内申点をいかに確保するかが問題になる。

内申点の扱いは都道府県ごとに違うので、
それぞれの都道府県の扱いで考えないといけない。

たとえば東京都の場合は、
1年生2年生3年生の通知票の成績が
点数化されて内申点になる。

神奈川県の場合は、2年生の学年末の成績に、
3年生の2学期(秋)の成績が2倍のウエイトで加算される。

なので定期テストで確実に良い成績を取って、
入試にアドバンテージを取ることが重要になる。

そして内申点が高ければ、私立高校の推薦にも有利で、
推薦合格をもらうことも可能だ。

推薦合格をいくつかもらっておけば、
公立高校志望であっても、難関高校志望であっても、
余裕を持って試験に臨むことが出来る。

塾で教えていると、毎年公立高校受験の際に
ひどい風邪を引いたりして、落ちる生徒もけっこういるので、
そう言うときに行ける学校が決まっていないと、
受験できる学校探しが大変だから、
行っても良いと思う私立学校から推薦合格をもらっておけば、
心強い。

子供というのは中学生くらいになっても、
その辺のメンタルが弱かったりするので、
とにかくまずは内申点確保に力を入れてもらいたい。