成績が上がらないのは、90%以上、親のせい

春になると、塾をやめたり、
他の塾から転塾してくる生徒さんがたくさん出てくる。

転塾していく生徒さんも、転塾してくる生徒さんも、
おっしゃる理由は一つで「成績が上がらない」。

「成績が上がらない」といって塾を辞められる人もいれば、
「成績が上がらない」といって塾に入ってこられる人もいる。

しかし同じセリフを言って塾を変わる場合でも、
中身は全然違う。

一つは、基礎学力があって、さらに上を目指している場合。
もう一つは基礎学力が無くて、どうしようもない場合。

簡単に言うと、

「そこそこ良い成績なのだが、
もっと良い成績を求めて塾を変わる」

という場合と、

「子供がろくな成績が取れず、
塾が悪いと思って転塾する」

と言う場合だ。

前者の場合は、家庭学習が行き届いていて、
もっとレベルの高いところで勉強させようと言うことで、
特に何も言うことはない。

しかし後者の場合は恐らく、
「どこへ行っても成績は上がらない」。

というのもこういう場合は基礎学力が決定的に足りなくて、
その原因が家庭学習にあるからだ。

こういう場合の親御さんは、
「勉強は学校や塾で教えてもらえるもの」
と言う風に考えているのがほとんどで、
自分の責任を感じていない。

基本的な読み書きや、計算練習などは、
成績の良い子供というのはほとんど家でやっている。

しかし成績の悪い家庭では、
そういうことがほとんどやられていない。

なので塾で基礎的な読み書きをテストしても、全然できない。

文字の読み書きができない子供には、
文字の読み書きから練習させる必要があるから、
塾ではそこからまず練習させることになる。

この時点で既に、できる子供との学力差が
大きく付いているわけである。