学力は、家庭学習で9割決まる

「成績が上がらない」と言って、塾を辞める生徒。
「成績が上がらない」と言って、転塾してくる生徒。

しかし同じ「成績が上がらない」と言っても、
中身は全然違う。

親が最大限の努力をしているのに、
成績が上がらない場合。

そして親がほとんど大した努力をしていないから、
成績が上がらない場合。

家で子供が勉強していない場合、
塾でどうやっても成績を上げることなんかできない。

塾でいくらアクセルを踏んでも、
家庭でブレーキをかけているようなもんで、
上がるはずの勉強量でも上がらない。

だいいち親が学校や塾に丸投げしているわけだから、
子供だって同じように学校や塾に丸投げだ。

それでちょっと怒るとそれだけで不満げな顔をして、
完全に「お客様気分」である。

塾に来ているのに、お客様気分の子供は、
自分で自分の成績に責任を持たないから、
当然成績なんか上がらない。

もちろん前者の場合でも、
親自身は最大限の努力をしているつもりだが、
実は、努力している家庭の10分の1も
していなかったりするから要注意。

自分の努力は自分がよく知っているが、
他人の努力は見えないものだから、
他人並に努力しているような顔をしているが、
実は全然足りなかったりする。

特に30代40代の若いお母さん方の中には、
鼻っ柱だけ強くて、中身がスッカラカンの人もいるので、

「親は子供の成績がよいと思っているが、実はそんなに良くない」

...と言う場合もある。

こういう場合も、転塾しても成績は良くならない。

努力している人や家庭というのは、

「もっと家で努力できる事があるはずだ」
「もっと良い方法があるはずだ」

という姿勢を持って常によいモノを捜しているので、
服や持ち物を見ても、子供は良い服を着ているし、
親も実用的でかつ小ぎれいな身なりをしている。

間違っても塾に、ラメ入りのキラキラした服など着てこない。

まあそれは余談であるが、
どちらにせよ、小学校中学校レベルでは、
家庭学習がもろに学力に反映される。

ただ高校生から上は、家庭学習が行き届いていても、
そう簡単にはいかないんだけどね。