計算が速いのは、欠点。

10年くらい塾講師をやっているが、
受験で舞い上がっているお母さんがいる。

どういうお母さんかというと、
自分の息子は天才で出来がよいと思っているお母さん。

多いのは、公文さんから来た生徒さんで、
計算はものすごくできる男の子。

公文さんで出来るのだから、
そのまま公文さんにいてもらったら有り難いのだが、
なぜか普通の個別塾にやってこられる。

ところが計算がものすごくできても、
図形や空間の感覚がなかったりして、
中学の後半になると、途端に成績がおかしくなるんだね。

関数のような、計算主体のモノでも理解できないし、
証明なんかはもう、不思議なくらいに出来ない。

このあたりの単元は、概念が理解できないとどうしようもないし、
図形に関しては、様々な図形の知識だけでなく、
思いつきやインスピレーションも重要。

空間図形は、京大卒の私だってかなり不得意で、
断面図をいくつも描きまくって考えないとできず、
根気も必要だ。

なので、計算がものすごくできても、
関数や証明に関しては、出来るかどうか分からない。

計算というのは、ある意味、手順がハッキリしているから、
手順を覚えてその通りにやればよいだけで、
あとは計算スピードの問題だ。

だが一方、図形や証明に関しては、
センスが必要で、手順通りに進まないのが普通だ。

問題が解けるまで何時間も何日も何週間も続ける根気が必要で、
どうも計算が速い子どもは、こういう根気がないんだよね。

こういう根気が必要な問題が得意なのは、
計算が速い子どもより、パズルを解くのが好きな子ども。

パズルを解くのが好きな子どもというのは、
パズルを解くときのように、色んな事を試しながら解いていく。

計算だって、計算する前に工夫できないか、色々考えている。

私の幼なじみのK君も、子どもの頃、色んなパズルをよくやっていたが、
現役で京大に入り、京大の数学科でフラクタルとかやっていた。

つまり、計算問題を解くときでも、
問題をもらってすぐに解き出すこどもは逆に危ない。

どうやったら楽に解けるか、ちょっと考えたり、
紙の端っこでいろいろ計算している子どもの方が、
数学の成績は尻上がりに良くなっていくかんじだね。