お母さんがはしゃぐと、受験は失敗する

塾に対して非常に厳しいお母さん・お父さんがいる。

塾も客商売だから、クレームの一つや二つあって当然だが、
大して出来ない子どもで、学習習慣も付いていないのに、
成績が悪い・成績が上がらないと怒ってこられると、
塾側としてはどうしようもない。

塾の先生は、たくさん子どもを見てきているから、
出来ない子どもはすぐ分かる。

出来る子どもには色んなタイプがあるのだけれど、
出来ない子どもは共通してある特徴を持っている。

それは基礎学力がないということで、
基礎学力がないから、応用も発展も出来ない。

そして基礎学力がない原因は、
家で勉強する習慣が付いていないこと。

家で勉強する習慣が殆どついてないので、
勉強時間が全く少ないと言うことだ。

これは学習障害を持つ子供にも共通することなのだが、
家で基本的な読み書きや計算ドリルを1時間以上やっていないと、
学校の成績なんか上がりっこない。

それからまた読書の習慣が付いていないと、
問題文が何を意味しているのかもわからない。

出来る生徒さんというのは、こういうのを当たり前にやっていて、
山ほど本も読んでいるから、できるわけだ。

それが出来ていないのに、成績が悪いのは塾のせいだと思って
塾に怒鳴り込んできたり、色んな塾を彷徨っていたりする。

いわゆる「塾難民」というやつだが、問題は基礎学力なんだよなあ。

そして自分の息子は出来ると勘違いしているお母さんは、
受験でも有名中学や有名高校を山ほど受けさせようとする。

出来がいいと勘違いしているから、ちょっと頑張れば
有名大学の系列難関校に入れると錯覚しているが、
難関校というのは出題形式が独特のところが多くて、
全部の受験校に対応した受験対策は無理だ。

だから受験が終わってみたら、塾のたっての願いで
滑り止めに受けていた学校しか受からないと言うことがよくある。