難関校は、学校別に対策しないとダメ

受験の際に、あの学校も、この学校も、と、
たくさんの学校を受験すると、かなりの確率で全滅する。

そういうケースを何度か見てきた。

これは親が子どもの学力を見誤っているケースで、
ウチの子どもなら、これくらいの学校は通るはず、
と思っていたりする。

それでもう4校も5校も受験させるのだが、
結局、滑り止め校や推薦校だけ合格して、
あとは全滅してしまう。

たとえば、青山学院高校や、中央大の付属校、
明治大の付属校、法政大の付属校、
なんて言う感じで受験させて、全滅してしまう。

ところがこういう場合、塾の講師目線で見ると、
どの学校も合格すれば儲け物レベルの学校で、
どこか一つの学校に焦点を合わせて勉強すれば、
もしかしたら受かるかも、と言うレベルだったりする。

難関校かどうかにかかわらず、私立の学校は、
学校ごとにかなりテストの出題傾向が異なっている。

なので特定の学校の試験傾向に合わせて受験勉強しないと、
どの学校の入試でも中途半端な点数しか取れないのだ。

だからA校の問題では充分合格点が取れても
B校の問題では3割も点数が取れないと言うことが起こるので、
単純に偏差値では合否は測れない。

偏差値というのはあくまで、
全員が同じ試験を受けたときの席次情報であって、
それぞれの人間が別の問題を解く場合は通用しないのだ。

たとえば東大オープンという、
東大の入試傾向に合わせた模試を受けて
たとえA判定を取ったとしても、
京大に合格できるかどうかは全然別の話。

入試はあくまでも、独自入試問題で十分な成績を取り、
それによって合否が決まるわけだから、
その学校の入試問題に対する対策が出来ていないと
いくら偏差値が高くても合格することは無理。


受験対策は、ぜいぜい2校に絞るべし。


となると、どこかの学校に焦点を絞って勉強し、
もう一校くらい対応して対策するしかない。

じゃあ、どういう風に
焦点を絞ればよいかというと、2通りある。

それは

・現時点で、合格可能性が一番高い学校に焦点を合わせる。
・合格可能性は無視して、第一志望の学校に焦点を合わせる。

という絞り方だ。


教える側の都合や気持ちから言うと、
合格可能性が高い学校に焦点を当てたいし、
そう言う風に指導したい。

だって教える側から言うと、
全滅か1校受かるかでは全然違うから。

1校だけでも合格してもらいたいと思うから、
どうしても合格可能性が高い学校に合わせて指導する。

しかし受験生本人が「行きたい」と思う学校があれば、
その学校の問題にも対策してあげないと
やる気を失うことも多い。

なのでどちらにするかは、
もう本人に決めてもらうしかないのだが、
塾側としては、必ず合格可能性の高い学校の対策もする。

「君の受けたい学校の勉強を中心にするが、
こっちの学校の勉強も必ずやってね」

...と言う感じになる。

「こっちの学校の入試で合格を取って勢いを付けて、
第一志望校も合格しようね」

...という感じだ。