学習塾で教えていると、
意地でも勉強しない子供というのがタマにいる。

そう言う子供は不思議なことに、
何時間も座っていながら、何もしない。

友達にちょっかい出したり、友達に合図を送ったりはするが、
なぜかずっと講師の方を見ていたりする。

単純にプリントの要点を読んで、
それを書くだけの作業も、なぜか出来ない。

向学心がないだけではなく、言われた作業も出来ない。

で、漢字でも書かせると、凄くできるわけではないが、
適度に出来るから、これって一体なんだろう?

そう思っていたら、何となく分かってきた。

親や兄姉が側についてないと勉強しなかったり、
褒美がないと勉強できなかったりするタイプらしい。

こういうのは、親が家庭で勉強させようとして、
目先のモノで釣って勉強させてきたタイプだ。

以前、何かの本で、モノで釣って勉強するパターンが身に付くと、
成長してもご褒美がないと勉強する気が全くなくなる、
と言うようなことを読んだ記憶がある。

神奈川のとある塾の先生が書いた本で、
小学校の頃は良くできたのだが、
中学高校と成長するに連れて、
全然出来ない子供になってしまった。

で、本人も勉強しようと思うのだが、
どうもご褒美がないと頭が勉強に向かわないらしい。

そう言う子供は、漢字検定や英語検定で級を取ったら、
何か買ってもらえるとなると、猛烈に勉強できるのだが、
何にも商品やご褒美がないと、まったく勉強する気が起こらない。

なので誰かご褒美をくれる人を
キョロキョロと捜していたりするらしい。

勉強って、結局何かの目標がないと、やる気が続かないものなのだが、
勉強できるようになってうれしい、100点取れてうれしい、
...と言う達成欲以外のご褒美をつけるのは危ない。

たまのご褒美なら良いのだが、毎回のご褒美はダメで、
毎回なにかのご褒美を与えていると


  • 勉強する→ご褒美をもらえる

  • ご褒美がない→勉強してはイケナイ


...というような条件付けがついてしまうんだね。

こういう実験はネズミの実験でもよくやっているようだが、
勉強を人質にとって、ご褒美を待っていると言うことだろうか。

子供の頃の動機付けって、ホントに難しいね。
当たり前のように勉強する子供も多いけど。

難関校は、学校別に対策しないとダメ

受験の際に、あの学校も、この学校も、と、
たくさんの学校を受験すると、かなりの確率で全滅する。

そういうケースを何度か見てきた。

これは親が子どもの学力を見誤っているケースで、
ウチの子どもなら、これくらいの学校は通るはず、
と思っていたりする。

それでもう4校も5校も受験させるのだが、
結局、滑り止め校や推薦校だけ合格して、
あとは全滅してしまう。

たとえば、青山学院高校や、中央大の付属校、
明治大の付属校、法政大の付属校、
なんて言う感じで受験させて、全滅してしまう。

ところがこういう場合、塾の講師目線で見ると、
どの学校も合格すれば儲け物レベルの学校で、
どこか一つの学校に焦点を合わせて勉強すれば、
もしかしたら受かるかも、と言うレベルだったりする。

難関校かどうかにかかわらず、私立の学校は、
学校ごとにかなりテストの出題傾向が異なっている。

なので特定の学校の試験傾向に合わせて受験勉強しないと、
どの学校の入試でも中途半端な点数しか取れないのだ。

だからA校の問題では充分合格点が取れても
B校の問題では3割も点数が取れないと言うことが起こるので、
単純に偏差値では合否は測れない。

偏差値というのはあくまで、
全員が同じ試験を受けたときの席次情報であって、
それぞれの人間が別の問題を解く場合は通用しないのだ。

たとえば東大オープンという、
東大の入試傾向に合わせた模試を受けて
たとえA判定を取ったとしても、
京大に合格できるかどうかは全然別の話。

入試はあくまでも、独自入試問題で十分な成績を取り、
それによって合否が決まるわけだから、
その学校の入試問題に対する対策が出来ていないと
いくら偏差値が高くても合格することは無理。


受験対策は、ぜいぜい2校に絞るべし。


となると、どこかの学校に焦点を絞って勉強し、
もう一校くらい対応して対策するしかない。

じゃあ、どういう風に
焦点を絞ればよいかというと、2通りある。

それは

・現時点で、合格可能性が一番高い学校に焦点を合わせる。
・合格可能性は無視して、第一志望の学校に焦点を合わせる。

という絞り方だ。


教える側の都合や気持ちから言うと、
合格可能性が高い学校に焦点を当てたいし、
そう言う風に指導したい。

だって教える側から言うと、
全滅か1校受かるかでは全然違うから。

1校だけでも合格してもらいたいと思うから、
どうしても合格可能性が高い学校に合わせて指導する。

しかし受験生本人が「行きたい」と思う学校があれば、
その学校の問題にも対策してあげないと
やる気を失うことも多い。

なのでどちらにするかは、
もう本人に決めてもらうしかないのだが、
塾側としては、必ず合格可能性の高い学校の対策もする。

「君の受けたい学校の勉強を中心にするが、
こっちの学校の勉強も必ずやってね」

...と言う感じになる。

「こっちの学校の入試で合格を取って勢いを付けて、
第一志望校も合格しようね」

...という感じだ。

お母さんがはしゃぐと、受験は失敗する

塾に対して非常に厳しいお母さん・お父さんがいる。

塾も客商売だから、クレームの一つや二つあって当然だが、
大して出来ない子どもで、学習習慣も付いていないのに、
成績が悪い・成績が上がらないと怒ってこられると、
塾側としてはどうしようもない。

塾の先生は、たくさん子どもを見てきているから、
出来ない子どもはすぐ分かる。

出来る子どもには色んなタイプがあるのだけれど、
出来ない子どもは共通してある特徴を持っている。

それは基礎学力がないということで、
基礎学力がないから、応用も発展も出来ない。

そして基礎学力がない原因は、
家で勉強する習慣が付いていないこと。

家で勉強する習慣が殆どついてないので、
勉強時間が全く少ないと言うことだ。

これは学習障害を持つ子供にも共通することなのだが、
家で基本的な読み書きや計算ドリルを1時間以上やっていないと、
学校の成績なんか上がりっこない。

それからまた読書の習慣が付いていないと、
問題文が何を意味しているのかもわからない。

出来る生徒さんというのは、こういうのを当たり前にやっていて、
山ほど本も読んでいるから、できるわけだ。

それが出来ていないのに、成績が悪いのは塾のせいだと思って
塾に怒鳴り込んできたり、色んな塾を彷徨っていたりする。

いわゆる「塾難民」というやつだが、問題は基礎学力なんだよなあ。

そして自分の息子は出来ると勘違いしているお母さんは、
受験でも有名中学や有名高校を山ほど受けさせようとする。

出来がいいと勘違いしているから、ちょっと頑張れば
有名大学の系列難関校に入れると錯覚しているが、
難関校というのは出題形式が独特のところが多くて、
全部の受験校に対応した受験対策は無理だ。

だから受験が終わってみたら、塾のたっての願いで
滑り止めに受けていた学校しか受からないと言うことがよくある。

計算が速いのは、欠点。

10年くらい塾講師をやっているが、
受験で舞い上がっているお母さんがいる。

どういうお母さんかというと、
自分の息子は天才で出来がよいと思っているお母さん。

多いのは、公文さんから来た生徒さんで、
計算はものすごくできる男の子。

公文さんで出来るのだから、
そのまま公文さんにいてもらったら有り難いのだが、
なぜか普通の個別塾にやってこられる。

ところが計算がものすごくできても、
図形や空間の感覚がなかったりして、
中学の後半になると、途端に成績がおかしくなるんだね。

関数のような、計算主体のモノでも理解できないし、
証明なんかはもう、不思議なくらいに出来ない。

このあたりの単元は、概念が理解できないとどうしようもないし、
図形に関しては、様々な図形の知識だけでなく、
思いつきやインスピレーションも重要。

空間図形は、京大卒の私だってかなり不得意で、
断面図をいくつも描きまくって考えないとできず、
根気も必要だ。

なので、計算がものすごくできても、
関数や証明に関しては、出来るかどうか分からない。

計算というのは、ある意味、手順がハッキリしているから、
手順を覚えてその通りにやればよいだけで、
あとは計算スピードの問題だ。

だが一方、図形や証明に関しては、
センスが必要で、手順通りに進まないのが普通だ。

問題が解けるまで何時間も何日も何週間も続ける根気が必要で、
どうも計算が速い子どもは、こういう根気がないんだよね。

こういう根気が必要な問題が得意なのは、
計算が速い子どもより、パズルを解くのが好きな子ども。

パズルを解くのが好きな子どもというのは、
パズルを解くときのように、色んな事を試しながら解いていく。

計算だって、計算する前に工夫できないか、色々考えている。

私の幼なじみのK君も、子どもの頃、色んなパズルをよくやっていたが、
現役で京大に入り、京大の数学科でフラクタルとかやっていた。

つまり、計算問題を解くときでも、
問題をもらってすぐに解き出すこどもは逆に危ない。

どうやったら楽に解けるか、ちょっと考えたり、
紙の端っこでいろいろ計算している子どもの方が、
数学の成績は尻上がりに良くなっていくかんじだね。

出来るヤツは、ダラダラ勉強している。

出来るヤツというと、短時間で勉強して、
それで結果を出していると言うイメージがある。

クラブ活動も精一杯やり、そして勉強も優秀。

そう言うヤツは確かにいる。

京大卒芸人のロザン宇治原くんも、
高校時代はバスケットをやっていたという。

秋まではクラブ活動を一生懸命やったり、
学校行事の体育祭などを一生懸命にやるヤツが
受験でも成功するなんてことが受験雑誌に載っていたりする。

だけどそれは本当か?というと、
それは「超進学校」に限った話だろうと思う。

ついこの前も、
東大合格者数日本一を30年以上続けている
開成中学・開成高校の夏休みの話が載っていたが、
開成では夏休みの宿題が原則としてないと言う。

代わりにあるのが中一の場合は夏の水泳合宿で、
そこで何をやっているかというと、古式泳法を学ぶのだという。

開成中学では上級生と下級生を積極的に交流させ、
運動会では中1から高3を縦割りで8つのチームに分けて
競技を行うという。

夏休み、開成中学1年生はどうすごすのか

こういうのは歴史がある学校では普通にやっていることで、
私の通っていた大阪府立の高校もそうだった。

しかしその結果が東大合格者数日本一につながるところが
開成中学の凄いところであり、普段の勉強にムダがないってことだろう。

要するに「これだけやれば東大や京大に合格できるよ」ということがわかっていて、
あとはそれをやるだけ、と言う状態だからこそ、できることだ。

人間の脳は、30分しか集中できない仕組み

しかしそれでもロザン宇治原君は1日11時間勉強していたと言うし、
東大卒の女性タレントさん達などに至っては、
1日14時間勉強していたとかいう。

これだけ長時間、集中して勉強するなんて、実は不可能である。

人間の集中力は最大でも33分くらいしか続かないと言うが、
これは実は血糖、つまり血液中のブドウ糖(グルコース)が、
それだけしかないからだ。

脳は原則としてブドウ糖をエネルギー源にしているが、
通常、血液中には半時間分の燃料しかないから、
2時間も集中して勉強すると、脳内のブドウ糖がスッカラカンになって、
何もする気が起こらなくなってしまう。

私も京大受験の時、試験が終わったあとはもう、
脳の全てのエネルギーを使い果たし、
何も考えられずにとぼとぼと歩いて下宿に帰って、
死んだように寝たもんだった。

なのでとてもじゃないが、
集中して10時間以上勉強するなんて不可能だ。

運動なら、30分もすると脂肪からケトン体(アセト酢酸)を作り、
ケトン体をエネルギーに使って長時間運動できるが、
脳の場合はケトン体を使うのは非常時だけであって、
そう言う場合は恐らくもうろうとしていて勉強どころじゃないはず。

しかしやるべき事は10時間以上あるので、
長時間勉強するには色んな工夫をしながら、ダラダラやるしかない。

2~3時間ごとに科目を変える。
考えることと覚える作業を交互にやる。
2時間ごとに休憩を取ったり散歩してみる。

そうやってダラダラと長時間、勉強して、できるまでやる。

結局、これしかないわけだ。

くれぐれも「勉強は、集中してやらなければいけない」と思わないこと。」

勉強は結局、量だ。

学力は、家庭学習で9割決まる

「成績が上がらない」と言って、塾を辞める生徒。
「成績が上がらない」と言って、転塾してくる生徒。

しかし同じ「成績が上がらない」と言っても、
中身は全然違う。

親が最大限の努力をしているのに、
成績が上がらない場合。

そして親がほとんど大した努力をしていないから、
成績が上がらない場合。

家で子供が勉強していない場合、
塾でどうやっても成績を上げることなんかできない。

塾でいくらアクセルを踏んでも、
家庭でブレーキをかけているようなもんで、
上がるはずの勉強量でも上がらない。

だいいち親が学校や塾に丸投げしているわけだから、
子供だって同じように学校や塾に丸投げだ。

それでちょっと怒るとそれだけで不満げな顔をして、
完全に「お客様気分」である。

塾に来ているのに、お客様気分の子供は、
自分で自分の成績に責任を持たないから、
当然成績なんか上がらない。

もちろん前者の場合でも、
親自身は最大限の努力をしているつもりだが、
実は、努力している家庭の10分の1も
していなかったりするから要注意。

自分の努力は自分がよく知っているが、
他人の努力は見えないものだから、
他人並に努力しているような顔をしているが、
実は全然足りなかったりする。

特に30代40代の若いお母さん方の中には、
鼻っ柱だけ強くて、中身がスッカラカンの人もいるので、

「親は子供の成績がよいと思っているが、実はそんなに良くない」

...と言う場合もある。

こういう場合も、転塾しても成績は良くならない。

努力している人や家庭というのは、

「もっと家で努力できる事があるはずだ」
「もっと良い方法があるはずだ」

という姿勢を持って常によいモノを捜しているので、
服や持ち物を見ても、子供は良い服を着ているし、
親も実用的でかつ小ぎれいな身なりをしている。

間違っても塾に、ラメ入りのキラキラした服など着てこない。

まあそれは余談であるが、
どちらにせよ、小学校中学校レベルでは、
家庭学習がもろに学力に反映される。

ただ高校生から上は、家庭学習が行き届いていても、
そう簡単にはいかないんだけどね。

成績が上がらないのは、90%以上、親のせい

春になると、塾をやめたり、
他の塾から転塾してくる生徒さんがたくさん出てくる。

転塾していく生徒さんも、転塾してくる生徒さんも、
おっしゃる理由は一つで「成績が上がらない」。

「成績が上がらない」といって塾を辞められる人もいれば、
「成績が上がらない」といって塾に入ってこられる人もいる。

しかし同じセリフを言って塾を変わる場合でも、
中身は全然違う。

一つは、基礎学力があって、さらに上を目指している場合。
もう一つは基礎学力が無くて、どうしようもない場合。

簡単に言うと、

「そこそこ良い成績なのだが、
もっと良い成績を求めて塾を変わる」

という場合と、

「子供がろくな成績が取れず、
塾が悪いと思って転塾する」

と言う場合だ。

前者の場合は、家庭学習が行き届いていて、
もっとレベルの高いところで勉強させようと言うことで、
特に何も言うことはない。

しかし後者の場合は恐らく、
「どこへ行っても成績は上がらない」。

というのもこういう場合は基礎学力が決定的に足りなくて、
その原因が家庭学習にあるからだ。

こういう場合の親御さんは、
「勉強は学校や塾で教えてもらえるもの」
と言う風に考えているのがほとんどで、
自分の責任を感じていない。

基本的な読み書きや、計算練習などは、
成績の良い子供というのはほとんど家でやっている。

しかし成績の悪い家庭では、
そういうことがほとんどやられていない。

なので塾で基礎的な読み書きをテストしても、全然できない。

文字の読み書きができない子供には、
文字の読み書きから練習させる必要があるから、
塾ではそこからまず練習させることになる。

この時点で既に、できる子供との学力差が
大きく付いているわけである。

やることがわかっているかどうかの差

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

日曜日の夜中にテレビ東京の
「乃木坂ってどこ?」を見ていたんですが、
初めての食レポというのをやっていました。

食レポというのは、巷の料理店を取材して、
食べ物のレポートをするという、アレですね。

AKB48の公式ライバル「乃木坂46」のメンバーが
中華料理店だとかお好み焼き屋さんに行くんですが、
事前に何のレクチャーも受けずに行かされて、
どういうレポートをするのかを放送していました。

そうしたらもう、めちゃくちゃ。

カメラに背中を向けて座ってしまう子もいれば、
食べ出したら何にも言わずに食べ続ける子もいる。

料理をカメラに見せることも出来ないし、
「味が薄い」とかつい言ってしまう子もいる。

事前に何の練習もなしにやると、
やっぱこういう事になるんでしょうね。

勘の良いメンバーもいましたが、やっぱり
最低限何が必要で、何をやってはいけないか、
その当たりのレクチャーは必要って事でしょう。

で、スタジオ内での収録ではいろいろダメ出しして、
バナナマンの日村さんがテレビ東京の喫茶室で
やり方を見せて食レポのレクチャー。

その後はみんな、おそるおそるでも元気に
食レポに挑戦していました。

そしたらそれなりに出来るようになるんですね。
見本と注意をいくつかだけで、見違える感じです。

出来るかどうかって言うのは実は、
やり方がわかっているかどうかの差だったんですね。

なんかちょっと勉強になりましたね。

受験勉強なんかも結局、
やり方がわかっているかどうかだけの差、
やってみたかどうかだけの差でしか
無いのかも知れないですね。

9月からの勉強法、まずは内申点確保

高校受験まで、あと約25週間、

今何をやればいいかというと、もちろん状況による。

難関高校を目指している人なら、
すでに中3で学習している内容は、
ほぼ学習し終わっているかも知れないし、
そうでない人の場合は、まだこれから中三の残りの学習内容を学ぶ段階だ。

しかしながら内申書というシステムがあって、
高校進学の際には内申点というものが入試の一部になっている。

この状況では、内申点をいかに確保するかが問題になる。

内申点の扱いは都道府県ごとに違うので、
それぞれの都道府県の扱いで考えないといけない。

たとえば東京都の場合は、
1年生2年生3年生の通知票の成績が
点数化されて内申点になる。

神奈川県の場合は、2年生の学年末の成績に、
3年生の2学期(秋)の成績が2倍のウエイトで加算される。

なので定期テストで確実に良い成績を取って、
入試にアドバンテージを取ることが重要になる。

そして内申点が高ければ、私立高校の推薦にも有利で、
推薦合格をもらうことも可能だ。

推薦合格をいくつかもらっておけば、
公立高校志望であっても、難関高校志望であっても、
余裕を持って試験に臨むことが出来る。

塾で教えていると、毎年公立高校受験の際に
ひどい風邪を引いたりして、落ちる生徒もけっこういるので、
そう言うときに行ける学校が決まっていないと、
受験できる学校探しが大変だから、
行っても良いと思う私立学校から推薦合格をもらっておけば、
心強い。

子供というのは中学生くらいになっても、
その辺のメンタルが弱かったりするので、
とにかくまずは内申点確保に力を入れてもらいたい。

学習障害の気がある子供の場合、
とにかくやることを復唱させて
やることを確認させることが重要なようだ。

文字の読み書きが遅い、問題を読むのに時間がかかる。
こういう場合、そう簡単に出来るように成りはしない。

特に小学生のあいだはもう無理っぽい。

学習障害(難読症・ディスレクシア)は
小学校4年生くらいから発見されると言うが、
脳の発達のスピードが子供によって全然違うので、
脳の発達が遅めの子供に読み書きの練習をさせても、
まず無理。

ローマ字なんかは4年生で習うんだけれど、
難読症の場合は中一になると全く記憶に残っていなくて、
英語なんかはローマ字自体がまず読めない。

これでは英語の勉強にならないから、とにかく毎週1時間以上、
徹底的にローマ字を読むというトレーニングをやる。

ローマ字表などは、英語の教科書やワークブックに
たまに載っていたりするので、
それをそのままコピーして使えばいいのだが、
最初は1時間では足りなくて、2時間弱くらいは必要だろう。

たかだかローマ字の読み書きに、
なんでそんなに時間がかかるのか。

出来る人にとっては不思議だろうが、
難読症というのはそう言う状態なのだ。

で、これを毎週やって
どのくらいで出来るようになるかというと、
6週間くらいは絶対必要になるようだ。

ローマ字表を作って、それを読んで書かせる。
縦横斜めに、自由自在に読めるようになるまでは、
私の経験上では、6週間くらいはかかる。

これってよく考えてみたら、
私が合格英熟語300の英文を丸覚えしていた時と同じだ。
だいたい100文を覚えるのに1ヶ月半くらいはかかったように思う。

6週間というのはたぶん、
学習を定着させるのに必要な時間なんだろうね。

脳機能学者の苫米地さんなんかの本を読むと、
言葉というのは文法なんか知らなくても、
聞いたり発音しているうちに
脳が勝手に文法を理解していくモノなんだそうだから、

そうやってとにかく文字と発音を1対1で関連づける作業をしていけば、
だんだん類推・アナロジーが可能になっていくって事だろうね。