塾に取らせてもらった点数(2)真の学力とは

塾に取らせてもらった点数(2)真の学力とは

塾に取らせてもらった点数、自分で取った点数(2)実力テストが、今の学力

公立中学の生徒が通う塾には、定期テスト対策をしっかりしてくれる塾と、そういう事をしてくれない塾がある。

 

テスト対策をしてくれない塾というのは、基本的に良くできる生徒が集まっている塾だ。

 

目指す高校も、公立高校ではなく、私立上位の難関高校だ。

 

だから、塾で実施しているテストの成績が
そのままその人の今の学力を表している。

 

また学校のテストだって、塾が点数を取らせてくれているわけではないから、それもそのままその人の今の学力を表している。

 

一方、定期テスト対策をしている塾に通っている生徒の場合、成績の見方は非常に難しい。

 

というのも、塾の指導によって、10点以上、ゲタを履かされている場合もあるからだ。

 

こういう生徒の場合、高校受験の時、かなりまずいことになる。

 

内申点でそこそこ良い成績を取っていても、本番の試験で点数がとれなくて、落ちてしまうのだ。

たとえば以前、学校の英語の成績が「3」なので、安心していたら、なんと曜日や月を英語で書けない生徒がいた。

 

つづりも、ちょっと間違えているんじゃなくて、根本的におかしい。

 

何でこういう生徒が「3」なんだろうか?と思っていたが、その中学の英語の試験を見て、原因が分かった。

 

テストの大半が、記号で答える問題だったのだ。

 

英文を書く問題が多ければ、おそらくその生徒は「2」だったはずなのだが、記号で答える問題が多ければ、適当に書いても当ててしまったりする。

 

で、英単語もろくに書けないのに、「3」をもらっていたりする。

 

だから、内申点だけで志望校を決めると、公立高校受験は危ない。

 

結局まあ、塾のテストや模擬テスト、実力テストの成績が、<受験>学力に一番近いって事になるね。

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーンペップ配合 ノビルン
ノビルン
トップへ戻る