数学はわからなくていい。

数学が苦手な中学生というのは、多い。

 

小学生の時は百点取れたのに、中学生になったら五十点もとれずに、ビックリしたりする。

 

しかしこれ、かなり根が深かったりする。
できない原因が複雑で、根がらみになっていたりする。

 

一番簡単な原因は、計算力不足だ。

 

計算練習が足りないために、計算が遅い。
計算練習が足りないために、計算が合わない。

 

その結果、テストでも計算に時間を取られ、文章題などを解くための時間が減って、点が取れない。

 

計算力に不安があるために、計算でないところにも影響が出る。

 

二つ目は、新しい概念についていけない。

 

数学の様々な概念が、わからない。

 

たとえば方程式や関数。何のことかよく分からない。
その結果、できないと言うことになる。

 

 

数学は、わからなくていい
子供が方程式や関数の概念を理解できない。

 

これはもちろん、教える人の説明の仕方が悪いとは言える。

 

説明の仕方が悪いから、子供はわからなくなるのだ
...と、普通は思う。

 

しかし、できる子供とできない子供を見比べてみると、できる子供も、別に理解しているわけではない。

 

たとえてみれば、英語と英文法の関係のようなものだ。

 

英語を話せる人は、必ずしも英文法をマスターしていない。
英文法をマスターしたからと言って、英語は話せない。

 

アメリカに育って普通に英語を話せるからと言って、文法をしっかり理解しているか?といえば、そうでもないだろう。

 

つまりできるかどうかということと、理解しているかどうかと言うことは、別の話なのだ。

なのに、わからなくていいのに、分からせようとする。
子供の方も、分からなくていいのに、分かろうとする。

 

その結果、ただ説明を聞いているだけで、ずっとできないと言うことになる。

 

私なぞ、関数について分かったと思ったのは、大学受験を失敗した後だったように思う。

 

「関数って、こういうことやったのか」と思ったのは、実に予備校の数学の講義を受けていたときだった。

 

京大の理系卒でもこんな感じなのだから、中学生が理解できたらおかしい。

 

 

数学は、計算に始まり、計算に終わる

数学というのは、大学で数学の研究をする者以外にとっては、ただの便利なツールである。

 

自然科学や経済学で、現象を解析する(分析する)ための、便利な道具である。

 

道具だから、使えるかどうかというのが大事なのであって、理解することは必要ない。

 

のこぎりを理解しなくても、使い方が分かれば木は切れる。

 

自動車を理解しなくても、運転はできる。

 

求められていることは、理解することではなくて、使えることなのだ。

 

ココを間違うと、教え方も違ってしまう。

 

理解させようとすると、子供は理解しなくちゃと思って悩む。

 

そう思いこんだ子供は、理解できたと思うまで計算練習をせず、結局、できなくなる。

 

求められていることは、できることだから、できるように練習すればいいだけなのに、それをやらないから、できない。

 

数学は、計算力に始まり、計算力に終わるものだ。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座