手順を覚えて、その通りやる訓練

算数や数学を学校で勉強する理由は、「手順を覚えて、その通り実行するスキルを身につける」ということだと、私は考えている。

 

算数や数学というのは、問題で要求していることが何か理解して、それに「最適な手順で」答えを出すことが求められている。

 

国語や英語、社会とは、ここが違うわけだ。

 

国語や英語も、いろいろな手順が必要だけれど、覚えることの方がはるかに多くて、覚えることが大事な科目だ。

 

しかし算数や数学の場合は、正しい手順で、しかも正確に計算しないと、なかなか正答にたどり着けない。

 

手順もいろいろなパターンがあり、さらに図を書いたり表を作ったり、関係式を作ったり、それらを組み合わせたり...と、様々である。

 

数学は、自然科学や社会科学の解析ツールとして使われるので、そうやって数多くのパターンや計算手順が出てくるわけだ。

 

これらの手順を覚え、問題をどういう手順で解くか考え、正確に実行する。

 

算数や数学というのは、そういう科目なのだ。

手順を覚え、状況に適した手順を選択し、それを正しく実行する。

 

これは、社会生活を営むに当たって、貴重なトレーニングである。

 

というのも、社会というのは、手順というものをきちんと踏むことで、無用のトラブルを避けることができるし、コミュニケーションもスムーズに行くようにできているからだ。

 

たとえばモノやサービスを買う際も、それがどういうモノやサービスであるかを確認し、その上で買いたい意志を示し、お金を払って商品やサービスを受け取る。

 

モノやサービスを売りたい側は、売りたいモノやサービスがどういうモノであるか見込み客に説明し、その上で価格を提示して、買うと言ったら在庫などを確認して、お金を受け取りモノやサービスを引き渡す。

 

私がかつて受験した初級シスアド試験では、こうなっていた。

 

提案→明細書→発注→受注→納品・納品書→受け取り→請求書→入金→領収書
こういう手順というのは、人間社会の長い歴史の中でできあがってきたモノで、一番トラブルの少ない方法だと言える。

 

だから手順通りやっておれば、基本的には問題が起こりにくいし、問題が起こっても、どの部分で問題があったかは、だいたい特定できる。

 

手順というのは、そういう風に作られてきたモノなのだ。

 

そして手順を軽んじている人間というのは、たいていの場合、横紙破りであって、品がない。

 

丁寧な人というのは、手順通りきっちりやる人のことで、雑な人というのは、手順通りやらないから漏れや失敗が頻発し、相手や周囲に大きな迷惑をかける。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座