推薦合格は普段勉強している人へのごほうび

高校受験で、推薦合格を勝ち取るために、何をやれば良いんでしょう?

 

それは実は、「勉強」です。

 

変な話、推薦というのは、顔つきで決まります。

 

顔つきがしっかりしておれば、面接点がよくなるので、合格できます。

 

要件を満たしている場合は、面接や小論文で普通に応対できれば通りますが、多少足りない場合は、顔つきで決まります。

 

ところが勉強しているかどうかは、顔つきに出てしまうんですね。

 

必死で勉強している子どもの場合は、顔つきは精悍になりますし、反応も速い。

 

受け答えも、言葉を選んで答えようとしますし、考えている様子が見て取れます。

 

ところが「推薦合格で、楽に進学しよう」と考えている子どもの場合、楽するために受験しているので、すぐにわかってしまいます。

 

普段からボンヤリ勉強しているので、そのボンヤリが面接官にすぐ伝わるのです。

これは、親御さんにも言えることで、自宅で勉強をみずに、塾に勉強を丸投げするような親は、すぐにわかってしまいます。

 

わかっていないのは、本人だけで、しかも「成績が上がらないから、他の塾に行かせる」と転塾します。

 

替えないといけないのは、塾じゃなくて親の方だと思いますが、わかってないからダメなんです。

 

生徒が欲しくて欲しくてたまらないような高校では、要件が多少足りなくても、専願(せんがん:受かったら必ずその学校に行くこと)ならば、すんなり推薦合格が出ます。

 

しかし中位レベルより上の高校で、できる子どもを集めたい学校の場合は、もう顔つきが勝負です。

 

こういう学校は、卒業後の大学への進学実績を上げたいと思っているので、やる気のある子どもを取りたいのです。

 

そうなると、ボンヤリしていても実際はよくできる子どもか、今はもう一つだけれど一生懸命やる子どもを取ろうとします。

 

成績がずば抜けている子どもならともかく、中途半端な成績の子どもの場合は、もう元気さとやる気で判断します。

 

推薦合格は、普段勉強している人へのごほうびであって、楽する手段ではないと考えてください。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座