系列高校に進学できない(6)子供の居場所

系列高校に進学できない(6)子供の居場所

系列高校に進学させてもらえない子供たち(6)子供の居場所

中高一貫教育の学校に進んだのに、高校進学を断られて
塾へ駆け込む子供さんの話の続き。

 

中学受験というのは、ある意味、子供を地域社会から引き離すようなところもある。

 

小学生時代の友達や知り合いが、そのまま地域の公立中学に上がるのと比べると、一人電車やバスに乗って、別の学校に通うわけだから、学校が違ってもずっと近くの友達と遊べる人はイイが、そうでないと非常に孤独感を味あわされる事になる。

 

私のウチは貧乏だったので、中学受験など考えた事もなかったが、それでも私が中学一年の途中に別の土地に
引っ越す羽目になった。

 

兵庫県の西宮から、大阪の八尾という、近畿圏内での引っ越しで、電車で2時間もかからない距離だったが、それでも言葉はかなり違うし、なにより小学校時代の知り合いが一人もいないというのは、ものすごいストレスだった。

 

誰とでも仲良くなれるような性格の子供であれば、それでも柔軟に適応できていいのだろうが、私のように内向的な性格の子供の場合は、学校がうまく行かなくなると、非常に辛いだろう。

中学受験というと、何かバラ色の人生が先に待っているようなイメージを持つ親御さんも多いのだろうが、リスクもかなり多い。

 

たとえば中学に通う家庭の所得が異常に高く、自分の家庭とかなり格差があると、貧乏でなくても仲間はずれになってしまう。

 

昔、邱永漢さんの本で読んだのだが、子供をお金持ちの子弟の集まるような学校に入れると、子供がお金持ち自慢をして困るようだ。

 

邱先生は、その当時でもそこそこ裕福だったが
それを聞いて慌てて自分の子供を
公立に転校させたというから、かなり困っていたようだ。

 

 

子供を私立中学にやると、毎日が家と学校の往復になり、小学生時代の友達とも交流が減る。

 

なので一旦学校での居場所がなくなってしまうと、子供の居場所もなくなってしまうから、不登校に成らざるを得ない。

 

ピアノとかバレエとか、空手とか柔道とか、地域内での習い事に子供の頃からずっと通っている場合は、そこに子供の居場所があるので、不登校になってもまだ救われるのだけど。

 

不登校の改善は、食事から
不登校になってしまうと、朝起きるのも辛くなるし、勉強するのも大変になる。

 

一日中ぼんやりしているか、逆に一日中イライラしている。

 

こう言うときは、食事をまず整え、野菜料理中心にし、身体のストレスを減らすことが重要だろう。

 

雑穀ご飯にして、揚げ物を半分にして、野菜炒めの類を増やす。

 

インゲンの和え物や、タコ酢など、和食の副菜を常備して、いつでも食べられるように食卓に出しておく。

 

不登校になった子供は、ボンヤリしている事が多いが、親は逆にイライラしている事が多い。

 

親もこういう食事に変えて、イライラを軽減して欲しいなと思ったりする。

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボーンペップ配合 ノビルン
ノビルン
トップへ戻る