高校受験・推薦合格をもらうために重要なこと

高校受験の場合、推薦というのは1つの安全策です。

 

大学受験とは異なり、落ちたらもう一年浪人...というわけにもいかないので、どこでも良いから1つ行ける学校を押さえておこうというのは、間違った考えではありません。

 

東京や神奈川では、だいたい1月の20日頃に面接や適性試験(小論文など)で、推薦入試を行うところが多いようですが、ココで合格をもらえたら充分です。

 

神奈川県では、公立高校の前期試験(面接・小論文)が、1月の下旬に行われますので、そこで合格してもOKです。

 

で、この推薦の条件ですが、基本的に中学での評点(内申点)によって決まります。

 

たいていの場合、学校長の推薦に加えて、9教科の合計が、30以上であること

 

あるいは、主要5教科の合計が、20以上であること

 

主要5教科に、1がないこと

 

 

などといったように、条件が公表されています。
数検や、漢字検定、英語検定なども評価されます。

 

 

高校受験で、推薦合格をもらうために重要なのは、もちろん内申点です。

 

一般的なことを言うと、だいたい、9教科の平均が3以上とか、5教科の平均が3以上あれば、どこかの高校から推薦合格をもらうことができます。

 

もう少し低い成績でも、推薦合格をもらうことも可能でしょう。

 

ただし主要五教科(英・数・国・理・社)の中に、1つでも「1」がついていると、話は別です。

 

これはホントにもう、シビアです。

 

名前を聞いたことのないような学校でも、断られます。

 

評点に1がつくってことは、それほど忌み嫌われていて、来てもらったら困る!ってことなんですね。

 

だから内申点で推薦合格を確保しておこうと思ったら、絶対に「1」は避けねばなりません。行く学校がなくなります。

 

これは重要なことですから、子どもが中学2年生になったら、とにかく気をつけておくべきでしょう。

 

注意すべきはやはり、英語と数学でしょう。これには常日頃から、注意を払っておかねばなりません。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座