系列高校に進学させてもらえない子供たち(5)不登校

中学受験で中高一貫教育の学校に合格したのに、系列の高校に進学させてもらえず、高校受験する子供の話のつづき。

 

系列高校に進学させてもらえず、塾に駆け込む子供のタイプとしては、ずっとふてくされている子供。

 

がんばろうとするんだけれど、続かない子供。

 

学習障害の気があるのに、親から甘やかされている子供。

 

というタイプがいるようだ。

 

最初のふてくされている子供というのは、親に「中学に合格したら、あとはバラ色」みたいなウソをつかれて私立中学へ進学して、学校の勉強についていけず、立ち往生。

 

そして「中学に合格したんだから」と親が責任放棄して逃げられたタイプの子供。

 

こういう子供は、親くらいの年齢の大人にトラウマができてしまって、そう簡単には心も開かないし、やる気も出さない。

 

「高校に合格したら、●●してあげる」なんていう風な取り引きしないと勉強しない。

 

しかし中学受験の際に親にその場しのぎのウソをつかれて、約束を破られているわけだから、そういう取り引きもあまり効かない事もある。

 

そんな場合、塾側には取り引き材料など、何にも持っていないから非常に難しいタイプだ。

 

こういう子供はもう、とにかくどこかの高校に合格できるよう、最低限のことだけ繰り返して教えるしかない。

 

泥縄というか、付け焼き刃というか、もう本当に小手先だけの指導になってしまう。

 

本当は徹底的に基礎からやり直したいところなんだけれど、親は責任放棄して逃げてしまっているので、対策もお茶を濁す程度になってしまう。

一方、がんばろうとするんだけれど、続かない子供。

 

これもどちらかというと、親べったりで中学受験した感じがする。

 

誰か他の人にアシストしてもらわないと、勉強ができないタイプ。

 

他人に一つ一つ教えてもらって、ようやく理解する感じ。

 

こういう子供は学校の授業についていけず、学校に行くのも嫌になって、不登校になったりする。

 

勉強ができると心に余裕ができるので、多少なりとも学校に行こうという気が起こるのだろうが、学校に行っても友達はいない、勉強も分からない。

 

中学受験をすると、小学生時代に一緒に遊んでいた友達とも、別の中学になってしまって交流が途絶えるから、不満のはけ口もない。

 

そうなると優しい子供は、参ってしまって不登校になるらしい。

 

中学は義務教育だから、不登校でも卒業できないという事はないが、義務教育ではない高校には上げてもらえないということのようだ。

 

しかし他の高校に進学しようと思っても、不登校だと、面接で落とされる事も多い。

 

学校に来ない生徒など、そのうちやめてしまうのが関の山だし、トラブルの原因にもなりかねない。

 

だから出席日数が足りない受験生の場合、相当まともな理由がないと、それだけで落とされる事もあるようだ。

 

出席日数で不合格というと、灘中が小学校時代の出席日数を根拠に、受験生を大量に不合格にしたらしいという事件があった。

 

が、私立高校の場合、不登校でも受け入れてくれる学校を探す必要がある。

 

子供の数が減って、何でもいいから子供を入れるような学校って、たくさんありそうに思うが、そんなに甘くない。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座