系列高校にあがれない子供たち(7)不登校児の受験対策

不登校になって学校に行っていない子供を
高校に進学させるには、まず
不登校でも受け入れてくれる学校を探す必要がある。

 

前に書いたが、高校によって、不登校児は断るというところもあるし、逆に勉強さえできればよいという学校も、ある。

 

偏差値50前後の私立学校でも、出席日数を問題にする学校と、そうでない学校があるので、事前に学校説明会に行って、質問しておいた方が良い。

 

私立学校の場合、試験の出題傾向が色々違うので、出席日数で不合格にする学校の対策なんかしても、時間のムダだからね。

 

公立高校の場合、出席日数は気にしないかも知れないが、試験は5科目で受験する事になって、不登校児の場合は非常に合格が難しくなる。

 

勉強しなければならない事が山ほどあって、英数国の3教科なら、偏差値50弱くらいはいけそうでも、5教科受験なら、40台前半になってしまう。

 

こういう子供の場合、3教科でいける私学の方が、レベル的にはあっているだろう。

 

なので、経済的に問題がなければ、私学ってことになるね。

 

 

受験校を早めに絞って対策を始める
不登校児の場合、学校に行っていないわけだから、勉強は家と塾とでやるしかない。

 

基本的に、家庭では漢字の読み書きや計算ドリルのようなモノをやって、塾ではもう少し上の基本問題をやるって言うのが理想だ。

 

ところがこういう子供の場合、残念ながら
家で一人で勉強できなかったりする。

 

なぜかというと、やり始めてもすぐに分からなくなって、結局、すぐにやめてしまうからだ。

 

親もなかなか教えられなかったりして、結局ポテトチップを食べて、テレビゲームなんかをして過ごすという事になる。

 

学校に行っていないから、勉強する時間なんて山ほどあるはずなんだけれど、そういうわけで結局、塾に来ている時間だけしか勉強できない。

 

となると結局、塾で読み書きそろばんの
基礎学習を繰り返さないといけなくなる。

 

学校で習っていない事も、塾で教える事になるから、ホントにもう何時間あっても時間が足りない。

 

基礎的なトレーニングで2時間、新しい単元の学習で2時間。

 

最低でも1日4時間は必要だろう。

 

子供の将来を考えると、読み書きそろばんの力はしっかりつけたいのだけれど、そこそこの高校に合格できなければ話にならない。

 

だから、多少付け焼き刃でもイイから、目標校の試験で合格できるよう、点数を取りやすい単元の学習に特化して対策する。

 

ザルで水をすくうような作業だけれど、とにかくもうそういうことになる。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座