勉強する順序こそが、実は裏技!

勉強で裏技に頼ろうとする人というのは、基本的に知識を積み上げたり、覚えた知識を利用して問題を解こうと考えていない。

 

けれど実際のところ、勉強というのは覚えないと始まらないモノで、それをやらずに裏技でどうにかなるようなものではない。

 

だから、それを踏まえた上でなら、使える裏技というのが存在する。これが大事だろう。

 

で、その裏技が何かというと、結局『頻度順』『でる順』ってことになる。

 

出る順を意識して、最小限の知識を最大限に使い回す。これが裏技だ。

 

約1000文字ある漢字の中から、中学受験で出ないような漢字を毎日練習していても、点数にはならない。均等に練習するのも、意味がない。

 

使えるモノからまず習得する。そしてそれと並行して、基礎力を上げていくことが必要だ。

 

これは、普段の受験勉強でも同じコトが言える。

 

たとえば私は、大学受験の勉強の英語の勉強で、まず、英熟語を300覚えるところからスタートしろと唱えている。

 

大学受験では、英単語が1900語、英熟語が600語くらい必要だと言われているんだけれど、最初に英単語を1900語覚えてから、次に英熟語という順序で勉強していくと、実はキリがない。

 

というのも、普通の受験生、特に理系の男には、英単語1900語も覚えられないから。他にも覚えることは山ほどあるンだし。

英単語を最初に1900コも覚えるというのは、自分から底なし沼に落ちるようなもんで、京大に2回合格している私も実はそうだったのだ(^o^)

 

だから、受験勉強にとりあえず必要な英熟語を300コ覚えて、次に英単語を600語覚えて、最後の入試直前時に1900語になるようにプランを立てるのが、一番良い方法だと言っている。

 

その頃になれば、最初に覚えた300や600の語彙が頭に定着している頃だから、新しく頻度の低い単語を覚えても覚えられるはずだから。

 

それを1900語必要だからと言って、最初にこの1900語の習得に力を注ぎ出すと、結局、同じところをグルグル回るハメになる。

 

語彙は言葉の土台だから、たくさんあった方がイイのは確かだが、お城を建てるわけでもないのにお城の土台を作る必要はない。

 

一戸建てのマイホームならマイホームにあった土台を作ればいいし、犬小屋だったら犬小屋に必要な土台だけ作ればいい。なのに、みんな勘違いしてお城の土台を作ろうとして、途中で疲れ果てているわけだ。

 

そして性急に裏技を欲しがる受験生は、土台無しに家を建てようとしているようなものだから、まず成功しない。

 

犬小屋分でもマイホーム分でも良いから、とにかく土台を作りましょう。

 

 

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座