男女の違い、性が違えば勉強法も違う(2)

近年、男女の脳の性差が、思った以上に大きいと言うことが、分かってきた。

 

MRI(磁気共鳴診断装置)という装置で脳の写真を撮り、子供が大人になるまでの経年変化を何十人も調べた結果、性ホルモンの分泌が増える14〜5歳くらいから、脳の海馬と扁桃体の大きさが、男女で変わってくると言う。

 

ウィキペディアの「性差」の記事によると

大脳皮質の前頭前野の特定の領域の働きは男性と女性では異なり、言語の脳内処理において男性では左脳のみの活動を示すが、女性は左右両方が活動していることが確認されている。

 

左右の大脳半球を連絡する脳梁は、女性の方が丸みを帯びた形をしており、大脳全体との比率でみると男性よりも大きい

 

その他にも、

  • 前頭皮質部分は,男性より女性のほうが大きい。
  • 大脳辺縁皮質の情動反応に関連している部分は、男性より女性のほうが大きい。
  • 空間的知覚に関連する頭頂皮質の部分は、女性より男性のほうが大きい。
  • 扁桃体は、女性より男性のほうが大きい。

ということだ。

 

で、男性が比較的得意なのが、空間認識力。

 

地図などをみて、具体的な道路のイメージなどをするってこと。

 

2次元のモノから、3次元のモノをイメージする能力だ。

 

アニメオタクといえば、昔は男性ばかりだった事を考えれば、何となく納得いく話やね。

 

2次元の女の子に夢中になって、3次元の彼女をそっちのけにするような、そんな男も結構いたし。

 

一方女性は、言語処理を左右の脳で行っているため、言語認識に長けているという。

 

男性が女性と口論しても勝てないのは、結局、言葉を使うことにおいて、女性の脳の機能が充実しているからって事らしい。

 

なので、学習においても、男女の性差は無視できないものだと考えられるようになってきたという。

 

 

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座