英語が苦手な人は、とにかく英文丸覚え!

中学生でも高校生でも、英語が苦手な人というのは、英文を書けない。

 

和文英訳でも、ビックリするくらい変な英文を書いてくる。

 

これは私の大学入試のメルマガや教材の紹介でも書いているが、英語と日本語というのは、文法構造が全く違うから、そういうことが起こる。

 

だからちゃんとした英文を書くには、まず英文を丸ごと覚えた方がよい。

 

「英作文は英借文」などと言うが、覚えた英文の一部分を他の単語に入れ替えて文を作る。

 

これができる子供は、英語の学力はどんどんアップする。

 

ところが日本語で考えて英文を作る子供は、ダメ。

 

日本語に引っ張られるから、グチャグチャの英文を書いてくる。

 

英語というのは、主語 + 述語 + ナントカ + カントカ

 

という構造でできているから、主語と述語とその他の要素がわかれば
そんなに難しい言葉でもない。

 

ドイツ語だとかロシア語のように、語尾変化が山ほどあるわけでもなし、名詞に男性名詞・女性名詞・中性名詞なんてモノがあるわけでもない。

 

だから実はそんなに難しい言葉ではないんだけれど、英文をまず覚える! という意識がないと、上達は難しい。

英語が苦手な生徒によくあるパターンは、日本語の単語を英語の単語に置き換えて、適当につないでしまうことだ。

 

そういうことをすると、英語と日本語では言葉の並べ方が違うので、たいていの場合、変な英文を書いてしまう。

 

日本語の場合は、主語 + ナントカ + カントカ + 述語

 

と言う語順だが、英語の場合はさっきも書いたとおり、主語 + 述語 + ナントカ + カントカ

 

だから、当然だ。

 

それから、日本語には「てにをは」という助詞があるが、英語には助詞がなくて、代わりに語順や前置詞でそれを表す。

 

ココの違いがわかっていないと、単語をたくさん覚えれば英語ができるようになるんだと、単語学習ばかりに精を出すことになる。

 

でもそれでは、変な英文を書く癖は直らない。

 

英語上達の第一歩は、とにかく英文を丸覚えすること。
これにつきると思う。

 

英文が書けることが、学校英語の本当の実力だ。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座