「速さ」の概念が分からない子供

「速さ」の概念が分からない子供

「速さ」の概念が分からない子供

個別指導でいろんな生徒を見ていると、何人かに一人は「速さ」の概念が分からない子供がいる。
女の子に多いが、男の子にもそう言う子供がいる。

 

速さとは、単位時間当たりに移動する距離のことで、計算式はもちろん、
(速さ)=(移動した距離)/(かかった時間)

 

ということになる。

 

たとえば

  • 1秒当たりで進む距離が「秒速」
  • 1分間当たりで進む距離が「分速」
  • 1時間当たりで進む距離が「時速」

 

普通の生徒には、こんなことは一回説明しただけですぐ分かる。

 

だってこれは、「定義」(ていぎ)だもん。

 

定義というのは、人間が勝手に決めたことだから、覚えるしかない。

 

考えたって、こんなモノ出てこない。

 

誰も面識のない無名人を一人連れてきて「この人の名字は何でしょう?」と尋ねても、マイナーな名字だったら、当てることはほとんど不可能だろう。

 

考えたって分かるはずがないんだから。

 

定義というのは、「速さ」は「単位時間に進む距離のこと」というふうに、誰かが勝手に決めたものだ。

 

ただ、それが便利だから、みんなその定義を使ってモノを考えている。

 

だから定義というのは、理解するものではなくて、覚えて使うものでしかないのだ。

 

ところが、速さの概念が分からないことどもというのは、なぜか理解しようとする。

 

「わからない」「わからない」を繰り返して言う。

 

分からないのは、当たり前だ。適当に決めただけだし。

 

覚えて使えるようになればいい。

 

それだけの話なんだけれど、こういう子供というのは、この「覚えて使う」「使うために覚える」というのができない。

 

ノートもとれないし、メモすらできない。

 

学習障害の一種なんだろうが、特効薬がないのが困ったところだ。

 

とにかく覚えさせて使えるように根気よく指導するしかない。

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る