系列高校に進学させてもらえない子供たち(1)

毎年の事だけれど、夏休みの前後や、11月頃になると、「うちの子、次のテストで良い点取らないと、高校に進学できないんです」

 

と言って塾に来られる親御さんがいる。

 

中高一貫教育の学校でも、成績がひどいと、夏休み前後には、「残念ですが、上の学校には上げられません」

 

と言われて、塾の門をたたく親御さんがいる。

 

小さな塾でもそんな状態だから、毎年もう本当にたくさんの人が、そう言うせっぱ詰まった状態に陥っているんだろう。

 

で、そう言う親御さんはたいてい、そう言う状態になるまで、ずっと子供の言いなりで過ごしてきた感じだ。

 

こどもに中学受験をさせるのに、「とにかく中学に受かったら、大学受験まで、あとは遊べるんだから」
なんて感じで無理から中学受験をさせたんだろう。

 

その結果、中学に進学したらもう勉強しなくなって、結局、大学受験どころか、系列高校にも
進めないという体たらくになってしまっている。

 

そう言う羽目になる大きな原因は、簡単に言うと、小学生時代に子供の面倒を見すぎたって事だろうと思う。

 

ゴールとごほうびだけ設定しておけばよいモノを、子供につきっきりで勉強を教えて、子供は親が横にいないと勉強できないという
条件反射ができてしまっている。

 

こうなると、一人では勉強できないので、良い中学に受かってもろくな成績は取れない。

 

でもって、不規則動詞の変化どころか、曜日や月すらも覚えていないような子供が、中3の夏前後に、塾にやってくるわけだ。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座