中学英語の完成・長文読解錬成 も、良い問題集

育伸社の『文法パターン錬成』(標準編・発展編)は、とにかく英文を山ほど書くのに良い問題集です。

 

公立上位校や、私立の上位校に挑戦しようという子どもには、とにかくこれをやらせるのが早道です。何しろ、中学で習う殆ど全てのパターンの文例が登場しますので、穴があってもそれを見つけることができます。

 

英語が得意な子どもは、発展編からスタートしても良いですが、基礎固めが必要な子どもには、標準編からやるべきでしょう。そこで穴がなくなれば、発展編に進んでも大丈夫です。

 

逆に、英語が苦手な子どもの場合、この問題集を使うのは、ちょっと考え物です。

 

というのも、英文を書く量が多すぎて、めげてしまうからです。

 

この問題集は、一応受験用で、中3が使うための問題集ですが、中1や中2から、習った部分だけやるという使い方でもOKでしょう。

 

塾経由で注文してもらえるのなら、一冊手に入れておいてもイイと思います。
何しろ、これに似た市販の問題集というのは、なかなかないですからね。

育伸社の英語教材でもう一つオススメなのが、『中学英語の完成・長文読解錬成』という問題集です。

 

これも標準編と発展編の2種類があるのですが、シンプルで良い問題集だと思います。

 

学習項目ごとに英語の構文や熟語が2〜3つずつ紹介してあって、それを覚えつつ、入試レベルの長文問題に挑戦していく構成です。

 

標準編は、公立高校の中位より上のレベル向け。

 

発展編は、私立高校の上位レベル向けで、扱っている構文や熟語などは、もう高校生レベルになっています。

 

私がオススメする大学受験用の合格英熟語300に載っているような熟語がかなりあって、結構難しめの問題集です。

 

長文読解問題というのは、一文一文がしっかり読めていて、覚えている語彙・ボキャブラリーもそこそこないと、食あたりを起こしてしまいます。

 

ですからこの問題集を使うのは、入試の半年前とか3ヶ月前くらいということになってしまうのですが、やるのとやらないのとでは、大きな差が出るように思います。

 

問題文の全訳も別冊になっていて、一文一文検討することもできますし、かなりいい問題集です。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座