数学が苦手な子供は、算数も実はダメだった?

中学生になって、数学の成績が悪くなった、と思う親御さんも多い。

 

小学生の時は、百点のテストを何枚も持って返ってきていたのに、中学生になったら50点とか60点しかとれなくなった...という感じで、それであわてて塾に子供を連れてくるわけだ。

 

しかし数学の成績が悪い子供を見ていると、おそらく小学生の時から、算数はそんなに得意ではなかっただろうなと思う。

 

計算は遅いし、頭のきりかえも遅い。
何をやればいいか覚えていないし、検算もしない。

 

これじゃできないのは当然だ、と思う。

 

だって計算練習が、全然足りていないんだもん。

 

小学校のテストというのは、たいていの場合、実力テストではなく確認テストで、しかも問題数も少なめだ。

 

だから計算速度が遅くとも、丁寧にやれれば満点が取れる。

 

複雑な問題も出題されないから、検算の必要もほとんどない。

 

一方、中学生のテストの場合も、習った範囲の確認テストだが、2ヶ月以上習った範囲と範囲は広いし、分量も多い。

 

抽象度も高くなり、複雑な問題も出題されるから、検算して合っているかどうか確かめないと、高得点はとれない。

つまり、何をやればいいかしっかり覚えて、検算も確実にできないと、満点には近づけない。

 

検算するのにも時間がかかるわけだから、計算の正確性やスピードがないと、50点前後の点しかとれないのは、当然だ。

 

ところが、数学の成績が悪い子供というのは、総じて計算が遅く、しかも間違えが多い。

 

計算が遅ければ、処理速度は当然遅くなる。

 

難しい問題を解くための時間も減るし、検算する時間もなくなる。

 

考えないと計算ができないような状態では、高得点なんか絶対にとれない。

 

前回、数学は計算力に始まり計算力に終わる、と書いたが、数学の成績を上げるには、とにかくまず計算力だ。

 

小学校や中学校レベルでは、計算問題を、考えながら解いているようでは遅すぎる。

 

計算問題を見たら、何も考えずにすぐに解き始められなければ、どうしようもない。

 

計算機になったつもりで、すぐに計算を始める。

 

ココまでしっかりトレーニングすることが必要だ。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座