塾講師に学歴が必要なわけ(7)オール3と、オール4の違い

テストで高得点を取る生徒というのは、必ず工夫をしています。
何の工夫かというと、間違えない工夫ですね。

 

問題を解いたら必ず合っているかどうか考える。

 

「合ってるかな〜」と思うのではなくて、明らかに間違いでないか確かめる。

 

数学だと、検算・確かめ算ってことですね。

 

方程式を解いたら、解を元の式に代入して、正しいか確認する。

 

他の科目でも、怪しい部分に印を付けて、あとでもう一度見直す。

 

答えの候補が別にあったら、それもメモしておく。

 

ところが成績が悪かったり、成績が上がらない生徒というのは、こういう工夫がまるでないんですね。

 

 

取るべくして取った点数と、マグレで取った点数
こういう生徒は、点を取ると言うことがどういうことか、よく分かっていないんですね。

 

こういうテストの点数は減点法ではなくて、加点法です。

 

つまり正答を積み上げていくしか点数を上げる方法はない。

 

なのに計算は、計算して答えを出したらそこでお終い。

 

確かめるのには、また別の計算をしないといけないので、やらない。
というか、確かめるクセ自体がない。

 

点数が取れても取れなくても、実はどうでもイイやって思っている。

 

一問一問の積み重ねで点数ができているという意識はないから、要するに点数はつねにマグレでとっているわけですね。

 

マグレで取っているわけですから、幸運をただ待っているだけ。
で、あとで「ミスったー」とか「勘違いした〜」とか言っている。

 

でも、実はそれが実力と言うもので
講師の目から見ると、ミスでも勘違いでもなくて、答えが合っているかどうか、調べていないだけ。

 

同じくらいの学力の子供でも、良い点を取る子供というのは、必ず自分の答えが間違えていないか、確認しています。

 

それがつまり「オール3」レベルの子供と
「オール4」以上の子供の差ですね。

 

そしてさらに「オール2」レベルの子供となると、もっと深刻な問題を抱えている場合が増えてきます。

 

それは何かというと、「間違ったことを覚えている」。
あるいは、「間違った方法を覚えている」。
そして「知識が混濁している」ってことです。

 

教え方のマズい先生に習ったらしく、間違えやすいような怪しい計算法を身につけている生徒が、けっこうたくさんいます。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座