英語もやっぱり、主語と述語が大事!

国語で大事なのは、主語と述語をしっかり捉えることです。

 

日本語というのは、主語の脱落が激しい言葉で、どれが主語なんだかわからないような文章も良くあります。

 

古文などは、1つの分に三つも四つも述語があって、それぞれ主語が異なったりするような例もありますから、これはもう本当に難しい。

 

で、一方、英語というのは、主語が比較的ハッキリしている言葉です。曖昧な場合もありますが、しかし日本語に比べると、主語がハッキリしている言葉です。

 

で、主語がハッキリしている言葉ですから、主語をしっかり意識しなくてはいけません。

 

だれが、どうした、という主語と述語の関係をしっかり意識し、それを捉えなければなりません。

 

でも、これが結構難しいんですね。というのも、たいていの生徒が、そう言う訓練をしていない場合が多いから。

 

会話の場合は、雰囲気でわかるんですが、いざ言葉にしようとすると、うまく言葉にできない。そう言うことが良くあります。

英語は、主語+述語+X+X

英語というのは、主語+述語+X+X というカタチで様々なことを表現する言葉です。

 

これは、大学入試でおなじみの山口先生の参考書に出てくる説明ですが、だからまず、主語と述語が定めることが、肝心です。

 

ところが、これをやるには常に「誰が?」「どうした?」という風に、考えるクセをつけなければなりません。

 

それができるようになったら「誰の」という所有格を意識し、そして「どこで?」「いつ?」という風に、疑問をつなげていくと、英文が作れるようになるわけです。

 

しかしまず、主語と述語を常に意識しなければ、話になりません。

 

中学生というのはまだ、主語を抜かして話す暮らしをしていることが多いので、これって結構難しいことなんですが、でも、できる生徒とそうでない生徒との違いは、そこにあります。

 

自分と他人の区別が付くか。自分と違う価値観を持つ他人の存在を許せるか。

 

中学生には難しい話ですが、国語や英語といった語学を習得するには、「他人は自分とは別の考えを持っている」

 

これを意識できなければ、なりません。その第一歩が、主語と述語の特定なんですね。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座