系列高校に進学させてもらえない子供たち(2)ウソつきの親

中高一貫教育で、大学受験に有利!

 

なんて感じで、子供につきっきりで中学受験をさせて合格。

 

ところが中3の夏休み前になると、「この成績では、ウチの高校では面倒見かねます」
とかなんとか学校に言われ、塾に泣きついてこられる親御さん。

 

こういう親御さんの場合、一つのパターンは、非常に過保護だということだ。

 

子供に付きっきりで教えたり、答え合わせも子供にやらせなかったりという事で、子供が自分一人で勉強する力を殺いでしまっている。

 

なので子供の学習スピードが非常に遅く、自分で自分をトレーニングする事ができない状態だ。

 

以前も書いたが、答え合わせが自分でできない子供は、できる子供と比べて勉強量が何分の一にもなってしまう。

 

同じ1時間の勉強でも、片や

 

問題を解く→答え合わせをする→間違いを直す・調べる→次の問題を解く

 

というPDCAサイクルをグルグル何周もして勉強しているのに、答え合わせができない子供は、ダラダラとやる羽目になる。

 

勉強は、自分でできるようにならないと、学力は伸びようがない。

 

 

●●しさえすれば良い、という考えはダメ
そしてもう一つの親御さんのパターンは、「〜しさえすればいい」と考えていらっしゃるということだ。

 

「中学に受かりさえすればいい」
「合格しさえすればいい」

 

そう言う態度で中学受験をすると、中学に受かったあと、どうしようもなくなってしまう。

 

燃え尽き症候群というのがあるが、ゴールに着いたらもうそこで「やる気」が失せてしまうわけだ。

 

親はその場しのぎの苦し紛れで言ったかも知れないが、そう言う事を言う人というのは、何度も同じような事を言う。

 

なので中学受験を子供にさせるために、さまざまな「媚び」を使ったり、あるいはつきっきりで子供をなだめすかしながら
勉強させた親御さんは、そのあと困る事になる。

 

「中学に受かったら、あとは勉強しなくても大丈夫なんだから」

 

と、そんな事、後先構わずウソやごまかしを言った結果、子供が本当に勉強しなくなって手がつけられなくなる。

 

子供の側から言うと、親が繰り返し言った事と言うのは、真実だと理解するものだ。

 

なので結局、いつもいつもそういうその場しのぎがつづくことになる。

 

だからそれが実は全くのウソだったと分かると、一気に信頼を失う。

 

小学生の頃はごまかせても、中学生になると、そう言う事は通用しない。

 

そして親なんて信じられなくなるから、もはや親の言う事なんか全く聞きもしなかったりする。

 

これは単なる反抗期なんかではなくて、もっと本質的なものだ。

 

子供が成長したら、分かってくれる、、、、、というようなものではない。

 

子供が成長したら、さらに憎悪が増す事もある。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座