男女の違い、性が違えば勉強法も違う(4)

男女では、同じ数学の問題を解くにも、脳の違う部分を使って考えているという。

 

これは、女性が言葉を読み書きするときに、左右の脳を両方使っている傾向があるのに対し、男性が片側の脳(たいていは左脳)を主に使っているというのと関係がありそうだ。

 

脳の男女差があるのは、学習障害の発生率が男女で違うことからも納得できる。

 

たとえば、<勉強ができる自閉症>こと高機能自閉症・アスペルガー症候群の認定者は4分の3が男性で、女性は4分の1だ。

 

文字がスラスラ読めないという難読症・ディスレクシアや、落ち着きがなく座ってられない多動性障害も、男子の方が多いとされている。

 

男性が方向や距離感に敏感で、空間認識力が高い傾向にあるというのは、言語処理する部分と、空間認識に使う部分がハッキリ分かれていると言うことだろう。

 

難読症の人に空間認識力が高い人が多いのは、普通の人が言語処理に使う部分まで、空間認識に使っているからかも知れない。

 

男の子には目的地までの地図を、女の子には目的地までの目印を

そういうわけで、男の子には、目的地までの地図を渡せばいいってことだね。

 

目的地がここで、そこに行くためには
こういうルートがあるってことを示して、それを客観的に捉える指標(テストの点や偏差値)を
与えればいい。

 

女の子の場合は、目印だね。

 

わかりやすい目印を与えて、そこにたどり着いたら次はココ、という風に、わかりやすい目印を与える。

 

で、結果的に目的地に着かせればいいと言うことになる。

 

男性が目標設定型で、女性が目印案内型。

 

結論としてはありきたりだけれど、まあこれをベースに観察してみよう。

 

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座