計算問題、小学生はわり算と分数、中学生は連立方程式が難関

算数や数学ができない子供の場合、計算練習が足りていない。

 

特に、中学生で数学ができない子供の場合は、小学校の範囲の計算がまずできない。

 

一番多いのが、わり算。これが遅かったりできなかったりする。

 

わり算というのは、引き算やかけ算を何度もするので、計算力のある子供と、そうでない子供では解く速度が全く違う。

 

それも当然で、計算する回数が多ければ多いほど、差は開くからね。

 

できる子供というのは、もうとにかくさっさと計算を初めて、終わるまで気をそらさずに計算する。

 

一方、できない子供というのは、計算を始めてはみるが、途中で疲れたり飽きたりして、気が逸れる。

 

できる子供というのは、計算を始めたら、答えが出るまでやり続けるが、できない子供というのは、途中でもうギブアップだ。

 

計算力があるかどうか、計算練習を十分積んでいるかどうか、わり算のやり方を見れば、すぐに分かってしまう。

 

それから分数の足し算や引き算。

 

これも結構いろんな作業があるので、時間がかかる子供は、もうハッキリ言って練習不足・計算トレーニング不足以外の何者でもない。

一方、中学の範囲の計算で、如実に差が出るのは連立方程式だ。

 

特に分数係数や小数係数の連立方程式は、差がハッキリでる。

 

これがすらすら解けるようになっていれば、計算力はOKだ。

 

連立方程式の場合、正答を出すために、いろんな作業が必要だから、これができていれば、かなりの計算力があると思って良い。

 

たとえば、分数係数だったらまず、通分する必要がある。
小数だったらまず、10倍とか100倍とかして、整数化する必要がある。

 

そうすると、係数を何倍にもなるので、ここでまず間違えやすい。

 

そして係数をそろえて引き算をするわけだけど、ここも係数が大いので、間違えやすい。

 

最後に検算するわけだけど、この計算も大変だ。

 

だから計算トレーニングが不十分な子供の場合、連立方程式を解かせると、ほとんどが途中で投げ出してしまう。

 

整数係数の連立でも、おぼつかい子供がいっぱいいいる。

 

こんな状態で成績を上げようと思っても、まず無理だ。

 

だから時間はかかるが、常に計算練習を積ませてるしかない。

 

計算の苦手意識を払拭し、根気よく最後まで計算できるようになるまで
3ヶ月から半年以上はかかると思って良い。

 

塾の講師も大変なんだよ、ホントに。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座