系列高校に進学させてもらえない子供たち(4)逃げる親

中学受験をして、中学に合格したのは良いけれど、そのあと学校の授業についていけない子供。

 

こういう子供は、大きく分けて3パターンある。

 

  • ひとつはもう、ずっとふてくされている子供。
  • もう一つは、がんばろうとするんだけれど、続かない子供。
  • あとまあ、多少学習障害の気があるのに、親から甘やかされている子供。

ずっとふてくされている子どもというのは、ハッキリって、なかなか学力は上がらない。

 

というのももう、勉強に対する興味がなくなっていて、遊ぶ事しか考えていない事が多いからだ。

 

基礎学力が全くと言っていいほどないので、何をやっても分からない。

 

分からないから「やってもしゃーない」という態度だ。

 

通っている学校名を聞くと、中学の偏差値は悪くない。

 

中学受験では、そこそこしっかり勉強できたはず。

 

少なくとも漢字の読み書きや、計算はやってるはず。

 

ところがそんな片鱗など、かけらも見られない。

 

2年間遊ぶと、こんな感じになってしまうのかと思うくらい。

「中学に合格しさえすれば、、、」という感じで子供に中学受験させて、中学に合格したらもうお役ご免とばかり、親が逃げてしまった感じ。

 

子供は中学に合格したあと、ハシゴを外されて、学校にも勉強にもついていけず、ふてくされてただ生きているだけという感じ。

 

こういう子供の場合、親に対する信頼はもうゼロになっているし、親から受けた仕打ちがトラウマになってしまっている。

 

トラウマとは、心に受けた傷の事だけれど、問題なのは、似たような容姿の大人に対しても、自分の親に対するのと同じ態度を取ってしまう事。

 

他の大人に対しても信頼が置けない状態になっているから、「1から勉強し直そう」なんて気持ちにはなれない。

 

だから残念ながら、受験勉強させようとしても、なかなかうまく行かない。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座