実技4科目が悪いなら、私学進学がオススメ

実技4科目が悪いなら、私学進学がオススメ

実技4科目が悪いなら、私学進学がオススメ

来年度から、公立高校の授業料を原則タダにするという。

 

民主党政権の目玉公約の一つで、子供を持つ親の立場から言えば、年間十万円〜二十万円ほど出費が減るという事で、やれやれだろう。

 

ただ、だからといって、公立高校を目指すというのは、話の順序が違う。

 

子供にとって、公立か私学のどちらがいいかが、先に考える事だ。

 

高校受験の場合、公立を受けるとなると、内申点が大きい。

 

通知票の成績が良くないと、入試本番で相当の高得点を取らないと、合格が難しくなる。

 

神奈川の場合、地域内のトップ校や2番手校に行くならば、5段階評価9科目の合計で、40くらいは必要になる。

 

要するに一科目あたり、通知票で4.44くらい必要だって事だ。

 

コレはかなりのハイレベル。

 

主要5教科(国・数・理・社・英)がオール5でも合計25だから残りの実技科目4教科で15必要。つまりほぼ4以上だ。

 

だから地区内のトップ校や2番手校に進むなら、通知票は4と5だけという状態でないと無理という事になる。

ところが実技科目というのは、得手不得手があって、なかなか全部4以上取るのは難しい。

 

音楽とか技術とか体育というのは、身体を使うものだから、そう言う習い事を経験した人しかなかなか取れない。

 

主要5科目がオール5とか4以上という人でも、実技4科目は3とか2を取っている人が結構いる。

 

こういう人が進学出来る公立高校となると、実技科目も得意な人と比べて2ランクくらい下がってしまう。

 

そう言う子供の場合は、何とか学費を工面して私学へ行かせた方がいい。

 

だって大学進学を考えているのなら、実技科目なんて関係ないし。

 

幸い私学進学には、助成制度を設けている自治体もあるから、調べて利用した方がいいだろう。

 

子供を分不相応にレベルの低い学校に行かせるのは、親としてさすがに気がひける。

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る