全科目ダメの子供の勉強法(7)ダラダラ長時間勉強させる。

全科目ダメの子供の勉強法の7回目。

 

全科目ダメの子供の場合、とにかくもう勉強量が足りないわけだ。

 

こういう子供の場合、必要なことは勉強量!ということになるんだけれど、まず、長時間勉強するのに耐えられない。

 

だから、さいしょはまず10分くらいで出来そうな計算ドリルのようなモノから始める。

 

漢字の書き取りなど、とにかく基本的な学力をつけるための練習をする。

 

「やる気」を出させるには、「すぐに終わりそうなこと」をやらせるしかない。

 

つまり5分や10分で終わるようなことでないと、やり始めるのが難しい。

 

なのでとにかく最初はまず、そういう超短時間で出来ることだけを、やらせる。

 

で、次はあとはどうなるかというと、ダラダラやらせる。

 

5分や10分くらいの問題を30分くらいかかってやったら、あとはもうダラダラ勉強させるしかない。

 

だってもう、最初のドリルで脳は疲れてしまっているからね。

だけどそこで終わりにすると、さすがに勉強量が足り無すぎるから、あとはもうダラダラでもいいからやらせる。

 

ダラダラでも、とにかく進めればいい。

 

出来る子供だったら1時間ですぱっと出来るような子供でも、全科目ダメの子供の場合は、5時間や10時間はかかると思えばよい。

 

こういう子供の場合は、もともと読み書き自体がスムーズに出来ないわけだから、出来る子供のように素早く勉強して、素早く遊ぶ、、というような
器用なことは出来ない。

 

ダラダラでもいいから、長時間の勉強に耐えられるようになればいい。

 

というか、他にやりようなんかない。

 

速聴というのもあるけれど、聞く気がなければあれも役に立たないし。

 

ダラダラやっても、言葉の一つや二つは覚えられるもんだから、それだけでも進歩だ。

 

小学生時代の積み残しが山ほどあるんだから、そんなに簡単には進まない。

広告

英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


スタディサプリ 中学講座

進研ゼミ 中学講座